エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 2020/8/29〜30 堂倉谷 | main | 2020.9.13台高蓮川江馬小屋谷 >>
北アルプス:小槍・槍ヶ岳西稜  2020/8/29〜30

メンバー:コンドル  他2名

8/29 5:00発 新穂高駐車場〜 11:00 槍ヶ岳山荘

8/30 5:00発 槍ヶ岳山荘〜 5:30 小槍とひ孫槍のコル〜

6:00 小槍頂上〜 6:30 小槍とひ孫槍のコル〜 9:30 大槍ヶ岳頂上

〜 16:30 新穂高駐車場

 

長年憧れていた小槍のクライミングに行くことができました。

小槍までのアプローチは、大槍ヶ岳基部にある道標の裏手からトラバースする。

岩壁基部特有のトラバース道が、小槍基部まで続いているので分かり易く歩き易い。

前回偵察した時の記憶で、小槍とひ孫槍のコルはスペースが狭いことを知っていたので、

小槍基部で登攀に向けての身支度を整えてから、小槍とひ孫槍のコルまでロープレスで登る。

ロープを結び、いよいよ小槍を登る。ロケーションの良い超快適なクライミングを楽しむ。

何ピッチでも登りたいところであるが、1ピッチで小槍に到着してしまう。

超贅沢なアルパインクライミングだ。

懸垂下降で再び小槍とひ孫槍のコルに立ち、ひ孫槍(1ピッチ)孫槍(1ピッチ)(懸垂下降10m)

大槍(1ピッチ+5m)を登る。

小槍と比較すると岩はもろい箇所がある。また傾斜が緩いため岩溝・岩角にロープが緩衝して

ロープの流れが悪くなる。

登攀中は馬車馬状態、ビレー中は綱引き状態である。

孫槍から大槍までは55mあるため、50mロープでは届かず5mのおまけが付いた。

 

最初の挑戦から20年以上経ってしまったが、ようやく登ることができました。

想い続けていたら登れるのだと思いました。

 

小槍のクライミング下部

小槍のクライミング上部

 

ひ孫槍のクライミング

大槍5mおまけのクライミング

槍ヶ岳山頂から見る小槍のクライミング(他パーティー)

 

 

web拍手
| アルパインクライミング | 22:35 | comments(0) | - | 管理人 |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER