エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 20200608 石谷川〜仙ヶ岳 | main | 2020.07.02甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根 >>
20200620-21 鳳来

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

ガチむりんです。

 

コロナのおかげでクライミングの上期ベストシーズンがすでに終わりを迎えつつありますが、梅雨の合間の晴れ間で鳳来に行ってきました。

コロナ自粛開け初の鳳来で、登れるか不安でしたが、まぁまずまずでしょうか。

メンバーはガチ、最近会に再入会を果たしたHTNさん。
詳細な紹介はまた本人様投稿の際にでも書いてもらうことにして、早速当日の報告を。

 

<20日>

連日たっぷり雨が降った後なので、乾きのいいパラダイスロック一択です。

結論から、今回の狙いは

ガチ:ドルフィン 5.12a 2try RPならず

HTN:シャムロック 5.11a 5try RPならず

 

実はコロナで自粛になる前にドルフィン5.12aをお触りし始めました。

このエリアのイレブン台を全て落としたわけではないし、最高グレードも11dを落としているわけでもないので、時期尚早とも思いましたが、そろそろ12aを登りたいという欲が先行しました。

HTNさんはどれくらいぶりの鳳来かわかりませんが、以前触っているシャムロックに狙いを定めて挑戦。

 

アップしようにも5.10bのルートが占有されていたため、いきなりシャムロックにアップ/トライ

久しぶりに鳳来、岩の感覚と傾斜ですぐに腕が張る。

私は前日調子こいてジムでムーンボードを触ってしまい、シャムロックをワンテンで抜ける。

 

シャムロックで一気に腕がやられてしまったので、回復を待ちドルフィンにヌンがけトライ。

前回止まった箇所を抜け、ひとつ目の核心より下はオートメーション化できている模様。その上からが問題でテンション。

↓刻んで取りに行った箇所が普通に飛んで取れた。すんなりすぎて自分にビビる。

 

2つ目の核心手前でテンション。やっぱり腕が張る。

もう一回トライするも腕がすぐはりRPへの道のりはだいぶ長い。

1日に外岩で5.12aを二回トライするのは自分のなかで前例がなく、ここまで腕にもろに来るものか…とチーン。

腕がちぎれるんじゃないかという感覚は久しぶりでした。

 

HTNさんはシャムロックを5トライするも惜しいところでフォール。

次回は必ずRPできるはず!

 

久しぶりの鳳来を満喫して下山。

夜は県民の森で焚き火をして就寝。焚き火がやっぱり最高。HTNさんの焚き火スキルが光る!

 

<21日>

まだまだこの日も濡れていそうで心配でしたが、ガンコ岩へ。

例のごとく駐車場問題。ハイカーの駐車マナーの悪さには開いた口が塞がらない。

アプローチは息がゼーゼーで辛いものの30分で到着。前日パラダイスで一緒に登った方々もガンコに見えた。

 

今日の成果

ガチ:どすこい 5.11a RP

HTN:ユカ 5.11a RP

 

ガンコのイレブン三兄弟はどすこいだけ終わってなかったので、今日落とそうと決め、ぬんがけトライ後の2tyr目で完了。

1try目は過去のトライでハングを超えられなかったこともあり、

ヌンがけで3ピン目までいけるか定かではなかったものの、いろんな岩場でハング越えを徹底的にやった?やらされた?おかげですんなり超えれて、自分でびっくり。問題はそのあとのルートファインディングにあり、ヌンがけトライでRPできる感じだったものの、色々迷ってパンプしてテンション。一発でいけたなぁとちょっと残念。

晴れてこれでガンコの11aズは制覇したので、次回は3本1日で再登できるようにして登りの質を高めて12aRPにつなげたい所。

しかし次回からは狐の嫁入りをやらないといけないわけだけど…

 

HTNさんはユカ専門。前日僕がユカはワンムーブなのでやりやすいですよと言ったことで、冷たいやつからユカに挑戦することにしたそう。

マスターで行くと結構疲れるし、怖いので、アップも兼ねて僕がヌンがけさしてもらいましたが、いや、やはり保持力や持久力はコロナ前と比べ物にならないくらい落ちているなぁと痛感。えぇ2テンしました。前日の疲れもあると思いますが、まだまだ弱い。

 

HTNさんはこの日も果敢に攻め、確か6便目?でRPできました。

おめでとうございました!



鳳来でクライミングがしたいと言って、ともやんさん、HTNさんとともに来た1年半前くらい。

あの時はトップロープで冷たいやつの2ピンと3ピン目が限界で、

「上まで行くまで降ろさない」が、「力尽きるまで降ろしてもらえない」になり、回収を誰かに頼むしかないほどでした。

今では鳳来に通いまくる人になり、いつの間にか会の先輩にルートのアドバイスができるほどになりました。

そんな思い出深い岩場、エリアで自身の成長を応援し、叱咤激励してくれた先輩たちに感謝だなぁと感慨深い想いに浸るのでした。

 

つづく?

web拍手
| フリークライミング | 17:00 | comments(0) | - | 管理人 |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER