エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 2020/1/4ロープワークin伊木山 | main | 2020.02.09越百山 >>
2020.1.18-19 八ヶ岳 ジョウゴ沢・裏同心ルンゼ

明けました。おめでとうございました。ガチむりんです。

 

年明けてクライミングに2回、三連休には神戸の岩場に行ってました。(誰も書いてませんが割愛します。)

さて、そんなわけで令和2年の第三弾。今回はアイスクライミングに行ってきました。
昨年度には2回アイスクライミングに連れて行ってもらったわけですが、今年も最低二回は行きたい!と思い、Qくんは初アイスということもあるし、これまで気になっていた八ヶ岳アイスキャンディーに行きたいです!と、ともやんさんにお願いして連れて行っていただきました。とはいうものの、今年の冬も氷の発達はなかなか希望なし。
メンバーはともやん、ガチムリン、Q、OBのISA。
八ヶ岳は編傘山に登って以来の2度目。風強い、寒い!と聞いていたものの、暖冬のおかげで死ぬほど寒いわけではありませんでした。
今回の山行の核心は、私の歩き。超絶遅い。結局美濃戸口から赤岳鉱泉まで三時間半ほどかかりました。足手まといですみません…。
ついてテント設営、いざアイスキャンディーへ!
が受付で新しい規定について説明され、シングルロープ9.5mm以上でないと登れないと言われ、登れませんでした。ともやんさん曰くこれまでそんな規定なかったらしい。後々調べると行者小屋のサイトやフェイスブックで告知されていましたが、全員そんなのみるわけがないし、そもそもそんなページがあること自体初めて知った。行かれる方はチェックしてくださいね。
↓結局呆然と見るしかなかった。
しょうがないのでジョウゴ沢へ行くことに。氷の発達はある程度見込めるが、雪が降った影響で埋もれてショボいことになってるだろうという、ともやんさんの予想通り雪まみれのショボい氷でしたが、初日の体鳴らしにはちょうど良かったかな?
翌日は、ジョウゴ沢の予定だったのですが、初日に行ってしまったので、予備計画だった裏同心ルンゼへ。
途中で転けて、雪に埋もれている岩、しかも角に膝の皿下部を思いっきりドーーーーーン!
激しい痛みで5分くらい悶絶。痛すぎて何かに転換しないと治らなかったので、痛み⇨怒り⇨叫ぶという恒例のアクションへ。
激痛マッサージを受けた時に整体師の人に、私はこの類の転換法が自然にできていてそれが上手いらしい。
なんだか嬉しいような、悲しいような…。とりあえず山行に影響が出ない程度で本当によかった。
取り付きについてパーティー分け、先行はともやんQ、後行はISSAムリン。
↓ご覧の通り、雪でモコモコである。終始こんな感じで、ほぼ歩きのようでした。
ただ、景色、天候は最高!なんだこれ!ISAさんも決めポーズ!
リードしたけど、やっぱり左のラインで挑戦すればよかったとあとで後悔。
とりあえず本当に天気良すぎ
 
↓マルチの練習が活かせれてよかったね!教えた甲斐がありました!
Q選手、振りかぶってからの〜
インパクトぉおおおおお!この頃にはだいぶ振りも様になった。カッコいい。
大同心の根元付近。もう歩き。危な目の歩き。踏み跡あってもきつかった。写真の構図が素敵。なんかカタログの1ページ見たいね。
最後はみんなで揃って大同心をバックにパシャり。
二日間お疲れ様でした!ともやんさん色々先導ありがとうございました!
何事もなく、みんなで行けてよかった!またこんな冒険がしたい!
web拍手
| アイスクライミング | 00:22 | comments(0) | - | 管理人 |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER