エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 1995 Summer Collection on 2019. 6.10 | main | 梅雨の鳳来20190707 >>
THE 石灰岩天国 二子山 中央稜 20190627-28

ガチオです。

 

いやー最悪ですね。最後のほうまで書いてたのに、写真挿入で全部消えました。

そろそろ誰かブログ書いてくれねぇかな‥‥。ちまたでASCって岩しかやらないんでしょって言われてます。

歩きと沢やってる人そろそろブログ書いてよ‥‥聞こえますかー!!?

 

このブログ僕しか書いてませんが、そんなつまらん記事を逐一確認してくれているかどうかは知りませんが、

そんな見学者の方が二名、入会してくれました。ありがたやありがたや。

 

はい、スモールトークはこれくらいにして、タイトル通り、マルチピッチをしに埼玉は秩父、二子山に行ってきました。

メンバーはガチ男と、元会員で、無事に東京都民になったサキッチョ。

「6月末に会社が休みをくれるので誰か遊んでください」とのことでだったので、

以前約束したマルチピッチに行くのをかなえてきました。

 

あいにく、雨模様だったので、フリーのルートで遊ぶのはあきらめて、マルチ一本に絞ってきました。

翌日は、ワールドクラスの石灰岩を見学。正直移住したいレベル。

東海地方の石灰岩の岩場では見れない。

タイトル通りの石灰岩天国です。しかも二子山だけでなくこの辺り一帯石灰岩地帯。

いつかは挑戦したい御前山もこの辺り。もう一回言うけど、マジで移住考えるレベル。

 

 

 

登りたかった悪魔のエチュードを見学。有名な悪魔の指を発見。

(でもどうやっても指でなくて、私にはあれにしか見えない)

 

翌日は横浜のストーンマジックまで行きました。

クラックルートはなぜか準備中で登れませんでした。クヤシス。

 

27日のまとめを

名古屋からここまで6時間半?位かかった。

途中の道から登る岸壁が見える。

 

 

中央稜の内容の感想を簡潔に。

実質は7ピッチですが、最後の7P目は登山でした。

 

それ以外の6Pは簡単なアルパイン3級、4級で、クライミングジムにある典型的なガバホールドが連続して出てきて、

高さがあるのに、快適に気持ちよーくクライミングができました。(個人的には核心部を除けば前尾根より楽)

景色もよく、アプローチも近い、その上、下山道はクラムダウンを強いられるため、

丸っとクライミングしたといえる、稀なルートです。

 

  

 

リード後にロープ巻き巻きします。↓

 

↓下山の初めのほう。20mくらいこの切り立った感じが続きます。

クライミングシューズだと超快適に降りれます。

 

トポには「レイバックで登る」とありましたが、見る限りではクラックで登るようにしか見えなかったです。

で、久しぶりにハンド&フットジャムで登りました。

「以外に普通のクラック出てきて、満足しました。」とサキッチョ。

久しぶりのクラックでしたが、というか多分このグレード初めてリードしましたが、

意外に存分に楽しめました。

ともやん会長とHTNさんの瑞浪でのしごきのおかげでしょうか…。

 

↓クラックをフォローで登るサキッチョ。嬉しそうだった。

 

最後に頂上でサキッチョが写真をってくれてました。

 

 

今度はフリールートをトライしたい。

そしてサキッチョは次回来たときは中央稜全ピッチリードできるといいね!

おっさん、みんなの成長見れてうれしいです。

 

終わり!

web拍手
| アルパインクライミング | 18:00 | comments(0) | - | 管理人 |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER