エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 20190106 アイスクライミングデビュー | main | 2019/3/2 鳳来 ミルキータワー >>
20190113 荒島岳で雪山デビュー

ガチむりんです。

もう言わなくてもいいかな?って思ってきました。

今回は岩の話ではないですよ。安心してください。はい。・・てる?

 

念願の雪山登山を福井の荒島岳でしてきました。

メンバーは大ベテランのともやんさん、SAMさん、初心者のガチです。

 

道の駅で前夜泊。着くと雪がほとんどなく、気温もそこまで低くないような?

山に雪はしっかりあるのか、気になりながら就寝。

 

起床して朝食後出発。登山口駐車場にはすでに多くの車があり、後続からもどんどん入ってきます。

準備して早速登ります。

 

先頭をともやんさんが行く。前にも後ろにも人がたくさんいます。想像していた雪山の状態と違っていた。

 

途中のリフト終点後に到着。暑さに耐えかねて半袖になりました。汗もたくさん。

SAMさんがそれを見て喜んでいました。外人のようだと。

多分雪山で半袖+モヒカン+髭+サングラスの出で立ちでいる人なんて後にも先にもASCでは僕くらいでしょう。

春、夏、秋も多量の汗に悩まされる私。

外人スペック(?)の体格と、多汗すぎるこの体、ぜひモ○ベルとかファ○ントラ○クとかに

試験体として提供したい。だれか知り合いいれば是非。笑

 

30分くらい歩くと、樹林帯、風がちょっと強くなって冷たい。さすがにうっすいソフトシェルを一枚きた。

斜面が出てきて雪もすごく柔らかい。ラッセルの練習をつぼ足ですることに。
足が簡単に埋もれる。こける、上半身からどーん。疲れるけど楽しい。変態。
へぇへぇしながら、いつの間にかシャクナゲ平に到着。景色が一変して、とても美しい!
ここから先は森林限界で風が強くなると説明を受け、ようやくハードシェルジャケットを着る。
ピッケル、オーバーグローブも出し、いざ向かう。さっきよりもだいぶ辛い。暑い。
ピッケルを杖代わりにして登る、登る。
風が全くなく、左右に見える雪景色、雪山雪山雪山。これが雪山の醍醐味かとしみじみ登る。
辛いのを超えたら山頂手前でひと休憩。視界にキレイな雪山さん。
最後の最後の急坂を登りきり、無事登頂!
山頂でガッシリ3人で握手!ありがとうございます!
山頂はやっぱり風が強かったので、早々に退散。一気にシャクナゲ平まで下ります。
下りは早い早い!スケートのように滑走していきます。これがめちゃくちゃ楽しい。
シャクナゲ平でビーコン、ゾンデの使い方、捜索方法、埋没体験を実施。
本当に雪崩で埋まることがないことを願いたい。
訓練も兼ねての雪山初登山はとても楽しく、無事に終了することができました。
ともやんさん、SAMさん、色々とありがとうございました!
web拍手
| 一般(積雪期) | 23:32 | comments(0) | - | ASC |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER