エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 今回も視界ゼロ・・・。 | main | 2018/2/4 瑞浪 >>
2018/1/6-7 湯河原幕岩

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします!

とあいさつはこれくらいにしておいて、先週の話になってしまいますが、2018年一発目のクライミングに行ってきました。

2日間の為、今回は長くなるのと同時に僕の主観目線で進めます。

※追記等ありましたらともやんさん、Noriさん追記願います。

 

人生初の泊まりのクライミング、冬のテントとシュラフ。

また他の山岳会の方と二日間ともに行動し、たくさん語り、笑いあり、登りまくった2日間でした。

二日を通して大先輩方にたくさん指導いただいた大変貴重な2日間でもありました。

 

ASCメンバーはともやんさん、Nori、私ガチムリン。山岳同人グリズリーからは元ASCのHさん含め3名

今回は前夜出発して、朝の3時半にテン場に到着。寒さと格闘しつつテントを張り、速やかに就寝。

初のテントで寝袋...恥ずかしながらこの日のために人生で初めてのシュラフを購入しました。

あまりしっかり寝られませんでしたが、空腹でしっかり目覚め、朝からラーメンを食べました。

登る準備はバッチリで朝8時頃に幕岩公園に到着。すでに駐車場は賑わっていました。

 

1日目:

僕が登った課題は以下の9本です。いきなりリードは不安があった為5.10のルートではリードはしませんでした。

2日目は絶対にリードをしたかったので、まずは初日の最後に簡単な課題でリード練習としました。

事前情報で、湯河原の終了点で結び替えが必要とあり、この日リードしたルートでも結び替えが出てきました。

初めて結び替えの実践と成りましたが、ともやんさんが終了点まで登って来てくださり、指導を受けながら無事結び替えをすることができました。

寝不足であったものの、思ったよりも多く課題にトライすることができました。

マコロランドで登っている時、近くで墜落事故が起き、レスキュー隊が来て救急活動を行っていました。

すぐそばの岩場で事故が起きた為、一時は登ることを皆止めて、救助がうまくいくことを願って遠くから見つめていました。

自らに起こってもおかしくない出来事でもあるので、身の引き締まる思いでした。

 

アボリジニをリードするともやんさん↓

<桃源郷> 1: サンセット (5.10a)、2: アボリジニ(5.10a)、3: 夕飯時(5.10b)

<マコロンランド> 4: シャワーコロン(5.10a) 、5: ニューアライ(5.10a)、6: アリババ(5.10b)、7: アン(5.10a/b)

<桃源郷> 8: おたまじゃくし (5.6)  MOS、9: とけいワニ(5.10c)

 

登った後はみんなで温泉へ。その後はお待ちかねの夕飯!

テントで初めて食べるご飯は鍋でした。キムチ鍋と、海鮮鍋の2種類。とにかく最高でした。

普段じっくり聞くことができない山の話をたくさんしてもらい、今年は色々と挑戦してみようかなと思いました。

もっと話したかったですが、翌日もあり、眠気も襲ってきた為早めに就寝、といっても0時くらいに就寝でした。

 

2日目:

<桃源郷> 1: いんちきするな(5.8) FL、2: 夕暮れ時(5.10b) TO

<希望峰> 3:帰還兵(5.10c) 

<マコロランド> 4:クリスマスローズ(5.10b) TR

<大滝フェイス> 5:馬返し(5.9) フォローで登る

<途中の岩場> 6: 悟空スラブ (5.7) 100mのスラブで4ピッチ MOS

 

1日目が結構多くの人がいたこともあった為、早めに登りに行こうとなり、朝6時に起床7時半頃に岩場へ。

他のクライマーの人曰く、下の駐車場まですべて埋まっていてとにかく人が多いとのこと。

この日はすべてリードで登ると決めていましたが、最終的によれてしまい、2課題はトップロープで登りました。

また山の大先輩Hさんにずっとビレイをしていただき、色々と指導もいただきました。

 

いんちきするなではNoriがこの日リードデビューで無事にRP。(TRで一度登った為)

次はMOS〜支点構築、回収まで含めてできるといいですね。

 

私は4本目にトライする時にはすでに体がよれてしまい、トップロープでTOも出来ませんでした。

疲労のせいのパンプもあるかもしれませんが、足をうまく上に上げていくことができていないのが敗因だとはっきりわかりました。

この課題を登った後、Hさんが「マルチピッチで上に登ってすごく景色がいい所があるから行こう」となり、Hさんの記憶を頼りに岩場へ向かう。

そこだと思われる場所を登りましたが、どうやら場所違い。せっかくなので、フォローで登り、下へ戻りました。

トポで確認後、目指していたのは悟空スラブだと発覚。

さっそく向かいますが、取り付きまでのアプローチですでにガチでぜぇぜぇの私でした。

取り付きについてぜぇぜぇの私に見えたのは、Hさんがすでにビレイの準備をして私を待っていたこと。

「…あ、どうしよう、マルチ実践初めてのリードやったことないわ。フォローのビレイとピッチ終わったらやることって…?」

と疲れと眠気と空腹がピークだった私は本で覚えた知識を辿りますが、不安だった為一から教えていただくことに。

 

ともやんさん&Noriパーティー、私&Hさんのパーティーに分かれて登りました。

1、2ピッチ目は軽く手で支えながら歩くだけ。3ピッチ目がようやくクライミングとなり、4ピッチ目でやっと5.7位になった感じでした。

ヨレていた私には丁度いい締めになりました。

自身の課題だった支点の構築、ロープの巻き上げ、フォローのビレイはとりあえず一通りできました。

何度かやって早く正確にできるようにしていきたいと思います。

最終点からは相模湾と湯河原の街並みが見えました。天気も最高でした。

 

終了点で皆揃って記念に一枚

 

相模湾と街並み、この日は空もとても青く、最高な眺めでした。

結局、15時下山予定の所を17:30頃に下山となりました。

両日ともに朝から真っ暗になるまでしっかり登り、文字通りのクライミング三昧となりました。

 

一緒に登っていただいたともやんさん、Noriさん、グリズリーのみなさん、ありがとうございました。

web拍手
| フリークライミング | 22:05 | comments(0) | - | asc |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER