エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 2017/11/25 豊田 大田・槍エリア | main | 2017/12/6 鳳来 >>
2017/12/3 香落渓の岩場

タイトルから「お、Suzuさんがまた投稿しとるやんけ!」と思った方は通ですね。毎度ご来訪頂きありがとうございます。

どうも、残念ながら私です。ガッチーakaガチムリンです。

 

先日Suzuさん、元会員のISAさんと三人で香落渓の屏風岩へ行ってきました。

今回が人生で初めて岩場でのクラッククライミング体験でしたが、登りに関しての結果は「悔しいです!」の一言です。

とは言うものの、全体を通しては楽しかったのは言うまでもありません。

登った数はたったの2本で、ロープだと全然積極的に行けない、他パーティーがいるとめっちゃ気にする、遠慮するのをどうにかしたいと思いました。これも慣れだと思いたいですが…。

 

朝8時半頃に到着、僕らが一番乗りでした。

噂に聞いていた渡渉、最初は大丈夫だったのですが、途中から足が冷たくなり、動かしづらくなりました。

顔面から転倒し、ずぶ濡れになることなく無事に渡りきることができました。

 

岩場について準備を済まし、まずはISAさんが、名張入門(5.9)をリードで登っていきます。

 

朝早く、岩も空気も冷たく、見ているだけでも手が悴む中、終了点まであと少しのあたりで、テンション。

このトライが初めてクラッククライミングを間近で見た瞬間でしたが、ただただすごいと思うばかりです。

 

ISAさんにベイビークラック(5.7)にロープを張ってもらい、その後いざ初クラックをトップロープで開始しました。

登る前に大事なテーピングのつけ方をSuzuさんから教えてもらい、準備完了させ、少しの恐怖を感じながらクラックに手を突っ込んでいきます。

一手、二手と進みますが、「あれ?止まらない…」

実はボルダージムでジャミングの練習はしていたのですが、感覚をすっかり忘れており、出だしから登れない。

心配していたことが起こってしまい、「もはや一本もトップまでたどり着けないのか…」という不安が襲ってきました。

 

Suzuさんが「よし、ここはもう一回シットダウンで練習してみよう」と言ってくださり、またいちから指導をしていただきました。

手が全くかからなかった原因は、クラックに対して”奥まで”しかも”思いっきり”手を突っ込めていなかったことでした。

クラックのイメージとして、「痛い」とか、「挟んだ状態で落ちたら骨折れる」、とか負のイメージが大きすぎていたのも今思えば原因の一つだったと思います。

 

手を思いっきりクラックに突っ込み、「あ、決まった…」と思った瞬間に腕が安定し、足を送っていくことができました。

そしてそのまま上まで上がります。

 

”クラック=割れているところしか使っちゃいけないクライミング”とガチガチな方程式が頭に入っており、クラックのみという制限を課している状態でした。その為、途中にあるガバを使っていいのかもわからず、途中「ここ使ってもいいんですか?」と聞く始末。

そしてそうこう悩んでいるうちに、パンプしてしまいテンション。少しレストしたあと、残ったあと数手を進み、僕のクラックの第一歩は終了しました。

 

その後、張っていたロープを僕のものに変える為、Suzuさんがクラックベイベーを登りロープを張りなおしてくれました。

そのあとにISAさんがサーフライダーを登りました。

同じ場所にもう1パーティーいらして、交互に登っていくのを見ていました。

Suzuさんはその時、なにわ筋にトライし、色々ムーブを探っていました。

 

昼ごはんを挟み、もう一度ベイビークラックに挑戦します。二回目は無事にノーテンで終了点までいくことができました。

しかしながら、これをリードで登れるようになるのには遠い未来の話だなと感じました。

 

その後Suzuさんがなにわ筋が行けそうな感じだということで、トライを重ねます。

なかなか超えれなかった下部の部分を超え、レストを挟みながら高度を上げていきます。

(どうしても写真が横方向に表示されてしまうので、申し訳ないのですが....)

 

ルートの半分あたりにつき、大レストの後、核心を捉えにいきます。

残念ながらあとちょっとで届かずだったようでした。「おしかったぁ〜〜あ!」とのことでした。

Suzuさん熱いトライをありがとうございました。

ISAさん、長い間ビレイしながら色々と技術指導をありがとうございました。

 

その熱いトライの後、名張入門にトライします。

しつこくトライを続けましたが、途中まで行ってはテンションし、結局終了点には行けず終わりました。

最後にISAさんがなにわ筋をトップロープでトライし、ロープを回収。

あたりが真っ暗になって撤収しました。

 

ボルトルートもクラックも両方とも満遍なく、これまで以上に楽しめるようにもっと頑張って行こうと思います。

 

最後にSuzuさん、ISAさん、朝から夜まで色々とありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

web拍手
| フリークライミング | 23:50 | comments(0) | - | asc |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER