エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 2016/11/3〜5 瑞牆山 | main | 初チャレンジ! 無事完走! >>
2017.11.3 ロープワーク@南山

ガチムリンです。

今回ブログ初投稿となります。これから色々と投稿していくと思いますので、

”あ、ガチなあれね!” 程度で良いので、以後宜しくお願いします。

 

早速、一週間ほど前の話になってしまいますが、豊田の南山にてともやん会長、YUKIさんにロープ講習を行っていただきました。

受講者は最近新しく入会した、のりさんと私のガチな2名。

 

南山に到着後、まずは駐車場にて実践で最低限必要なエイトノット、セルフビレイ、リードのビレイの仕方、懸垂下降等を練習しました。

ある程度これらを身につけて、大丈夫になったところで、実際に岩場に移動し、実践に移りました。

 

まずは、雄岩で実践開始!

まずは各時セルフを取ってから準備に移ります。

一通り準備完了後、リードでともやん会長が登り、続いてのりさん、YUKIさん、私の順で登っていきます。

 

この日が初めての外岩体験というのりさんでしたが、すぃ〜っと登っていきます。ギアの回収も忘れずに実施していきます。

「岩登りなんて二年ぶりくらいかも?」と言っていたYUKIさんは、そんな感じがしない登りであっさり登っていきます。

登りながら、のりさんに色々教えてくれていました。

 

フォロー最後尾の私は、YUKIさんがかけてくれたロープで登っていきます。

地面は寒かったのですが、上は日があたり、暑いくらいで、汗が噴き出すくらいでした。

全員無事に頂上到着後、懸垂下降で降りていきます。

初めての懸垂下降は、大丈夫か不安でしたが、上からはYUKIさん、のりさんに、下からはともやん会長に見守れながら、
問題なく生きて降りることができました。その後は全員無事に下降完了。
昼ごはんを取った後は、雌岩に移動し、マルチピッチでの登攀を行いました。
雄岩と違い、傾斜がちょっとキツくなり、登るルートも少し難しいとのこと。今回も雄岩と同じ順で登っていきます。
まずはともやん会長。
ともやん会長のビレイを二人で行います。
のりさん、YUKIさんの順で登っていきます。
のりさん、なんなく難所をクリア
私はテラス〜最終点までのルートで結構手こずった箇所があり、すんなりとはいきませんでしたが、無事に登攀できました。
雄岩の時もそうでしたが、隣でアイゼントレーニングをするパーティーがいました。
今しがた自分が登ってきたルートを「この方達はアイゼンとグローブ着用で登るのだろうか?」と考えると、なんだかなぁ〜という気持ちに…笑
全員揃ったところで、順々に懸垂下降に移ります。
ここでの懸垂下降は、雄岩と違い、足元と進行方向により注意をしないといけませんでした。
無事に地面に戻ってきたところで、もう一本のぼるのか、ロープワークをするのかどうするか?ということになり、
午前中の講習で出てきたバックアップや自己脱出が個人的にとても気になっていたので、要望を伝えたところ、それらについてやっていただけることになりました。
まずは自己脱出から実践します。
YUKIさんが実際にやって見せてくれました。
続いてのりさんが実践します。
最後に僕が試しに実践しました。YUKIさんものりさんも華麗に上まで登り、下に降りてきたのですが、
僕はというと・・・・かな〜り時間がかかっていました。
これまで体験することのない実践内容だったので、とても楽しかったです。
岩を登っている時よりも、なんだかこっちの方がもっと楽しかったのを覚えています。笑
その後は、フィックスロープの使用方法と懸垂のバックアップについて練習し、ちょうど良い時間に完了したため、
この日はここまでで終わりました。
朝から夕方まで、みっちりたくさんのことを学ぶことができました。
一日中たくさんのことを、細かく丁寧に常に指導してくださった
ともやん会長、YUKIさん、ありがとうございました。
web拍手
| フリークライミング | 11:53 | comments(0) | - | asc |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER