エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 2017/05/21 香落渓の岩場 | main | Grad To Be Trad In Indian Creek(2017/04/29〜2017/05/07) part2 >>
Grad To Be Trad In Indian Creek(2017/04/29〜2017/05/07) part1

 

「来年のGWにヨセミテ行こうぜ!」

「いいっすね、行きましょう!」

僕(SUZU)がTIくんに唐突にそう言ったのは2016年の夏。それよりも前に二人の間でなんとなく「海外でクライミングしたい!」と言う気持ちはくすぶってました、いや、もう沸騰してチンチコチンでしたね。

 

それから僕は何人か目ぼしい会員に声を掛けてメンバー収集。「行きたい!」と気持ちを同じくし てくれた何人かの愚か者達(いい意味で!)が集まりましたがみんな最終的には色々な都合で参加は見送り。最終的に残ったのは僕とTIくんの二人になったわけです。

 

こういうのって気持ちを持ち続けることが大事で、念仏のように「ヨセミテでクライミング、ヨセミテでクライミング、ヨセミテでクライミング・・・」と頭の中で唱える毎日を送ることによって誰でも簡単にモチベーションを維持することができるんです。まぁ、僕の場合は年がら年中クライミングのことで頭が一杯なので大差はないですね(笑)

 

海外遠征に向けて特別何かトレーニングしたかって特に変わりはなく、なぜなら普段から毎週クライミングするというライフスタイルなので、それ以上のものにしようとすると「仕事辞めるか!」って話になっちゃう訳です。海外遠征のトレーニングの為に仕事辞めたらお金が無くなって海外遠征に行けないってパラドックスにハマってしまうのは火を見るより明らかなので仕事は頑張ってやってます。

 

特別なトレーニングはしてませんが具体的な目標は設定しました。「クラックのグレードを少なくとも1つは上げる」、これは二人とも達成して名張で最も美しいフィンガークラックと呼び声高い「じょっぴん(5.11c)」を登ることが出来ました。クラック始めた頃は「5.11台のクラックなんて神レベル」なんて思ってましたが、そのレベルに到達してみると自分の未熟さに情けなくなることばかりなんですけどね、全然神レベルじゃないや俺。。。

 

さて!もう少し前置き書かせて下さい。「ヨセミテに行こうぜ!」と言ってたのになんでIndian Creekに行ったかと言いますと、名張でクライミングをしていたある日、ヨセミテに詳しいkiyomiさんと雑談している中で「GWにヨセミテに行こうと思ってます」と言ってみたところ「GWのヨセミテは天候が安定しないよ。私達はIndian Creekに行きます。」と情報を教えて貰ったわけです。後日、kiyomiさんがIndian Creekのトポを名張に持ってきてくれて、膨大な数のイカしたクラックが写真付きで載ってるではありませんか。

「めちゃくちゃ行きたい、と言うか絶対に行く!!!」

もう気持ちは固まりそう思ったんです。「kiyomiさん、僕らも便乗させてもらえませんかm(__)m」こんな図々しいお願いに快諾してくれたkiyomiさんは僕らの恩人です。

 

海外旅行の経験なんてゼロに等しい僕らにとって全てが冒険で「飛行機のチケットってどうやって買うの?」「飛行機って1回しか乗ったことないし、どうやって乗るんだっけ?」「飛行機の乗り継ぎってかなり不安なんですけど・・・」「レンタカーってどうやって借りるの?左ハンドル右側走行ってどんな感じ?」「カーナビって日本語あるんかな?」「お店で注文とか買い物ちゃんとできるかな・・・」などなどクライミング以外のことに色々と不安を抱えてましたが、無事にIndian Creekでクライミングを満喫して帰って来ることが出来ました。

 

さぁ!やっと本題に入ります。引き続き、お付き合いお願いします。

 

------ここから本題------

Indian Creekに行って来ました。メンバーはkiyomiさん、Gokuさん、Ogtさん、yabuくん、SUZU、TIくんです。

日程は下記の通り。日本とソルトレイクシティーの時差は、日本のが15時間進んでます。日本が15時ならソルトレイクシティーはその日の深夜0:00になるわけです。日本とポートランドの時差は、日本のが16時間進んでます。飛行機はデルタ航空です。

 

4/29 

成田(16:55発、フライト時間は9時8分)→ポートランド国際空港(現地時間4/29 9:08着、13:30発、フライト時間は1時間50分)→ソルトレイクシティー国際空港(現地時間4/29 16:20着)→レンタカーを借りてMoabのRV Resortに到着(現地時間4/30 0:00頃 )

 

4/30〜5/5の14:00頃まで

Indian Creekでクライミング

 

5/5 クライミング後

20:00頃にホテル(Extended Stay America - Salt Lake City)に到着。翌日のフライトに備えてここで宿泊。

 

5/6〜5/7

ソルトレイクシティー国際空港(現地時間5/6 9:10発、フライト時間は1時間46分)→ポートランド国際空港(現地時間5/6 9:56着、12:15発、フライト時間は10時間45分)→成田国際空港(日本時間5/7 15:00)

 

4/29(土)

新幹線と成田エクスプレスを乗り継ぎ成田国際空港に到着。僕らよりも1日早く出国してるkiyomiさん達はすでにIndian Creekに着いたんだろうか?まずは飛行機の乗り方がわからんと思ってたが事前に「デルタ航空のカウンターに行けばいい」と教えて貰ってたので言われた通り行ってみると係りの人に案内されパスポートを渡すと手続きをしてくれました。その後に荷物を渡してどうやらチェックインは終わったようだと一安心。 フライトまで時間があるのでしばらく食べれないであろう刺身を食べて満足。

 

成田を出発しポートランドに着いて心配だった乗り継ぎも流れに身を任せれば無事にクリア。そのままソルトレイクシティーに到着。ここでTIくんの荷物がBaggage Claimから出てこないのでどうしたもんか?とヒヤヒヤしましたが、荷物に関するオフィスみたいなのがすぐそばにあったので行ってみるとTIくんは別室に案内されてそこから荷物を受けとることができました。一体何だったんだ??

 

次にレンタカーを借りるべくAlamoのカウンターへ。レンタカーは事前に日本で予約から支払いまでの手続きはしています。空港内に「Rental Car」と案内があるのでそれに従って進んで行くとAlamoのカウンターに到着。プリントアウトした予約票を見せると色々聞かれたが正直何を言ってんのか全然わかんねぇっす。。。なんとなくTIくんは理解したようで無事に手続きが完了し、 レンタカーの鍵とカーナビをゲット。カーナビは日本語メニューがあったので一安心。レンタカーは立体駐車場に止まってるからそこから乗って行くようにとのこと。遠征中にTIくんのリスニング力に何度も助けられました。

 

いざ車に乗って出発。左ハンドル右側走行はもちろん初めてなのでドキドキ。ナビに従って走らせると空港からすぐ近くの高速道路みたいなのに乗りました。高速出口が頻繁に出てきて、右端2つは出口レーンになるらしくこれに気付かずに二回ほど強制的に高速から降りる羽目に。。。

 

↓車線がいっぱいあって運転怖いよー。でも雪山に囲まれて景色は最高!!

 

お腹が空いたので高速を降りてハンガーガーショップへ。下道を走るにはいくつか知っておく交通ルールがあって、「左右確認して車がなければ信号が赤でも右折してオーケー。ただし、それが禁止の看板もあるので要確認。」「信号の無い十字路で交差する車線に車がある場合は先に交差点に着いた方が優先して通過できる。」「黄色の線で区切られている車線は左折時、または左折からの合流時に使用。」と色々あるので調べておかないとテンパります。

 

ハンガーガーとポテトとジュースアメリカはジュース飲み放題が主流らしい。月並みなことを言いますが、ジュースはミドルを頼んだけどメチャクチャでかい!

 

↓セブンイレブンにも入ってみた。なんだか店内は甘い匂いで満たされていて長居したくな感じ。ドリンクコーナーを見るとカラフル過ぎて怖い。。。

 

気が付くと夕方の6時くらいなのにまだ全然明るくて、どうもこの時期のここらへんの日没は夜の8時みたいです。地球って不思議ですね。

 

そんなこんなでkiyomiさん達がいるRV Resortに深夜に到着。問題はここからで、「そういや、kiyomiさん達はどこ泊まってるの?」ってことがわかんないんです。そもそもナビで辿り着いたRV Resortの場所に泊まってるのかって疑問もあるわけでして。電波がないので確認する方法もありません。恐らく町に行けばFree Wi-fiをゲットして連絡できるかもしれませんがそれも不確実。まぁ、最悪どっかのモーテルで泊まるか!って思いつつ、とりあえず端っこのキャビンから順番に様子を見て行こうと確認して行くと、見覚えのある後ろ姿の人がキャビン横の車でゴソゴソしてるじゃありませんか。声を掛けてみるとやっぱりkiyomiさんで無事に合流出来ました。これはマジで嬉しかった。。。

 

次はようやくクライミング編を書きます。

続きはこちらへどうぞ!

web拍手
| フリークライミング | 09:10 | comments(0) | - | ASC |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER