エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 富士山 | main | 2017/01/21〜22 神須ノ鼻 >>
2017/01/14〜15 八ヶ岳 広河原沢

SUZUです。

少し前の記録になりますが1/14〜15で八ヶ岳 広河原沢にアイスクライミングに行ってきました。メンバーはともやんさん、ISAさん、SUZU、ワッキー a.k.a. 無謀キャプテン、TIくんです。
「不要不急のお出かけは避けてください。」とニュースになるほどの寒波がこの週末に来ていて気温は低かったですが風が無かったのは幸いでした。1日目は武藤返しの滝に定着、温度計を見ると-15℃でした。2日目は左股を登りました。温度計を確認してませんが-20℃くらいだったかと思います。

1日目:武藤返しの滝
駐車場に着くと車が一台と空いてます。寒波の影響でしょうか。
一時間ほど歩くと右股と左股の分岐に到着。ここでテントを張ります。

更にここから1時間ほど歩くと武藤返しの滝に到着。5mほどと小ぶりですが練習にはもって来いです。
ISAさんが果敢にリードで登りトップロープを掛けてくれました。ありがとうございます!!
それからともやんさんからアックスの降り方やムーブ、スクリューのセット方法等を教えて頂きます。各自トップロープで登りながらスクリューをセットする練習をしました。ただでさえアイスはパンプしますが、スクリューをセットすると更にパンプします。クライミング技術も大事ですがレストの技術とスクリューのセット技術が大変重要になることを改めて実感。僕はこれまでスクリューのセットが苦手でしたがコツを掴んでセットも大分早くできるようになりました。



3時くらいに武藤返しの滝を撤収しクリスマスルンゼを偵察しました。迫力ある滝でカッコ良かったです。またの機会に登りたいと思います。ここで記念撮影。



5時頃にはテントに戻りました。夜は寒くなると覚悟しまていましたがあまり寒さを感じることはなく熟睡できました。

2日目:左股
4時に起床。日が出る前にヘッデンでアプローチを開始。
7時頃にF1に着きました。それほど規模のないものでしたので滝の左側を巻きました。この日はかなり冷え込む予報でしたが晴れ間が見えるときもあり景色を楽しみながらクライミングが出来ました。ただ、ピリピリと体の芯まで届くような気温の低さでした。







 


12時半頃にほぼ全ての滝を登ることが出来ましたが雪が多いことと時間も押していたので敗退して同ルートを下降することに。敗退開始から2時間ほどでテントに到着。そこから休憩したりテントを撤収したりして、下山開始。18時に駐車場に到着して無事下山完了。


お疲れ様でした、また行きましょう!!

web拍手
| アイスクライミング | 21:49 | comments(0) | - | ASC |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER