エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 20130901甲斐駒ヶ岳赤石沢奥壁 | main | 20130914瑞浪 >>
20130908小川山
TSです。

珍しく小川山へ行ってきました。

メンバーはTS、栗、Kichi、SUZUです。
天気予報も微妙でしたが、一日目は屋根岩曲の『セレクション6P5.8』へ。
アプローチに多少迷いつつ30分くらいで取り付きへ。


画像は2P目終了点。ここまでは順調。そう、ここまでは。

1P目 5.7 ハンドクラック
そういやクラックのリード久しぶりだな、と思いつつジャミングを利かす。
見た目簡単そうだったけどちょっと緊張した。
上部はガバであーんしん。



グレードのわりにちょっと難しかった

2P目 5.8 スラブ
5.8だし簡単だろうと高を括るも意外と悪い。
途中から一本指ポケットが現れてほっとする。

大きいスラブは迫力満点!

3P目 元蕁.船爛法
快適で楽しい。


4P目 5.8 クラックからチムニー
南稜から上がってきた別パーティに進路を譲り、しばし待つ。いや、かなり。
簡単なフィストからガバのチムニーへ。
多少の雨が降ってくる。



kichiさん

5P目 5.7 トラバース
ルンゼをちょっと降りてから危なげな結晶を踏んでフレークへ。
アンダーフレークにカムを差し込んでトラバース。
洞窟を這いつくばって終了点へ。



栗さん、Kichiさん、SUZUはここでちょっとしたお祭り騒ぎをしました。
とても面白かったです


6P目 5.9 ハンドクラック
顕著で美しいコーナークラック。
手持ちのカムが少なくて苦戦。気合で登る。

リードするTSさん


栗さん


Kichiさん

グレードは菊池敏之氏のトポを参照しました。

最後に屋根岩


頂上からフィックスロープを辿り、濡れたルンゼを懸垂で降りてハイキングコースへ。
天気も微妙なのでそのままBCへ。
無料のレタスと差し入れにおなか一杯になりつつ就寝。

翌日は朝から雨で早々に諦め帰ってきました。

結局一本しか登れませんでしたが、オールリードで登ったのは価値のある経験でした。

みなさんお疲れ様でした。
追記&画像アップお願いします。

SUZUです。

写真アップと追記します。


セレクションを登り終えてテン場に戻ったのは15時。
んー、まだ登る元気があるなー」と一人モヤモヤしたりキョロキョロしたりしていると、
Sugaさんが目の前を歩いているではありませんか!と言うことで、
Sugaさんにお願いして親指岩に行くことに。

今回、僕が密かに狙っていた小川山レイバックを登りました。
そして、1P目をRPしました。クラックのRPは初めてなのです!とても嬉しいのです!
Sugaさん、ありがとうございます。
次に来た時は2P目のスラブをOSしてこの課題を完登します(と言う目標)。



その後
Sugaさんが「久しぶりにクレイジージャムでも登るかー!」
と言って、テーピング無しで
クレイジージャムを登りました。んー、めちゃスゲー。

皆さん、お疲れ様でした。

web拍手
| フリークライミング | 21:59 | comments(0) | - | asc |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER