エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 20130630宝剣中央稜 | main | 地図遊び 北アルプス編 >>
20130707御在所中尾根
TSです。

七夕だというのに、栗と一緒に御在所の中尾根へ行って来ました。

相変わらず駐車場は満杯。
歩きの登山者は少なめのようですが、一壁も前尾根も盛況でした。

バットレス前で準備をして、さあ行こうかと歩き始めたら、すぐ前を別パーティが。
順番待ちするのもあれなので、別の踏み後を辿って追い越します。

取り付きに着くと、先行パーティのフォローがちょうど登り始める頃で、待ち時間ゼロで取り付けました。

トレーニングのつもりでアプローチシューズで登り始めます。

1P目・TSリード

V級のクラックは濡れると10aくらいに感じます。

前日に雨が降っていたようで、クラック内部はヌルヌルで、早々にアプローチシューズで取り付いた事を後悔します。
追い抜いたパーティの手前、かっこ悪いところは見せられませんが、あまり時間をかけるのもナンセンスなので、カムエイドで突破。
舐めたらアカンですね。

2P目・TSリード。
1P目よりは乾いていて、フレークをうまいことレイバック這い上がって行きます。
シューズもきちんとクライミングシューズを履いたので、スタンスもバッチリです。

3P目・TSリード。
ツルムのコルへ懸垂をかまして崩壊の進む3P目へ。
新たにハンガーが打たれ、フリーを意識したルートになっていました。
「ボルダーグレードで5級くらい。」
という噂ですが、下地が悪いのでより恐怖心が湧いてきます。
ハング乗っ越し時は残置ハーケンに乗りましたが、完全なるフリーで上がるには、まだまだ修行が足らないようです。
クラック沿いに登り、快適なスラブを上がって終了点へ。

4P目・TSリード。
クラック沿いにハンガーが打たれ、素直で快適なルート。
微妙にランナウトしながらも終了点へ。
ここの終了点、すごくビレイしづらいです。
角度を気にしつつ栗をビレイ。
何度かの懸垂をかまして取り付きへ戻りました。

時間も微妙にあったので、P7の藤内沢側へ。
シミュレーション5.8をRPして下山開始。
短い時間でしたが、トレーニングとしては充分負荷をかけられたと思います。

栗くんお疲れ様でした。
web拍手
| ケータイ、メール投稿 | 17:38 | comments(2) | - | asc |
コメント
お疲れ様でした。
いや〜、暑さにやられましたね。
御在所は楽しいですが、涼しくなるまでサヨナラです・・・。
| kuri | 2013/07/08 9:45 PM |
トレーニングは終了。
後は本番でどれだけやれるかだね。
行きたいところがたくさんあるのでよろしく。
| TS | 2013/07/09 1:02 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER