エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 20130601御在所砦岩 | main | 2013/05/26 御在所 P7周辺、中尾根バットレス >>
2013/05/25 池原 石ヤ塔(第一岩峰 ノーマルルート〜Stoned)
一週間遅れでブログアップになりますが、奈良の石ヤ塔(第一岩峰 ノーマルルート〜Stoned)にマルチピッチのクライミングに行って来ました。
道中、車の調子が悪くなってかなりハラハラな気持ちでした。
(後日、修理に出したら意外と安く済んだとさ、良かった良かった。)

車中泊をしまして朝起きると、カルガモが車に超接近してきました。
君たち、一体何が狙いだ!!


周辺地図があり、そこには石ヤ塔も載っています。
ここから先の道中にも石や塔までの案内標識が立てられていました。


車を走らせて行くと、崩壊地に辿りつきます。
以前はここから先も車で進んでアプローチ出来たと思われるのですが、これ以上先に進めません。
周りを見ると崩壊地を高捲く迂回路が整備されていたので、路肩に車を駐車してこの捲き道を歩いていくことにします。

捲き道を歩くと舗装された道路に復帰できます。
しばらく歩けば右側にモノレール(林業の方の作業用??)が出てくるのでレール沿いに歩いて沢まで下降します。このモノレールですがとても長く感じます。(特に帰りの時の登り)

沢まで下降すると左手に年季の入った渋めの吊り橋が見えます。これを渡って対岸へ。
つい最近「生と死の分岐点」で吊り橋での事故例を読んでしまった僕にとって、この橋は恐かったです。


しばらく沢沿いを歩く。


歩いていると右手にルンゼが見えてきます。本来のアップローチはこのルンゼを詰めていくのですが、直進方向に見える大きな岩壁の基部に誘われてそっちに行ってしまいました。
アプローチのOSは難しいですね。

このルンゼを詰めて、上部で左側の茂みの中に入って行くとケルンが2箇所ほどあり、
しばらくすると石ヤ塔の第一第一岩峰峰の基部へ。
↓浮石率90%?倒木もかなりあって歩きにくい。


さて、いよいよクライミング開始です。

1P目
土と木を掴み、時々岩に触ってほっとする、そんな感じのピッチです。
なんかアルパインっぽいです。卦蕕任睇櫃気あります。
「一体何に登っているんだ?」と言う気持ちでいっぱいですが、なんだか面白かったです。

2P目 
先ほどよりは岩が豊富です。元蕕付けられていますが、それよりも難しいと思いました。
やっぱり木々は豊富。


3P目 5.9
メインディッシュのStonedに到着。ようやくスッキリした岩が出てきました。
ホールドが豊富なので足で拾い易いです。
「ジャミングしたら岩が剥がれるんじゃない?」と思うほど脆い部分がありました。


↓リードで登るともやんさん


4P目 5.10a
2本のクラックが平行して上に向かって伸びている。上に行けば行くほど難しくなります。
サイズはハンド、OW。(シンハンドもあったかも)
↓短い足で頑張るSuzu


5P目 5.10a、5.8
長めのOWがある。体力をとても削られる。
5.10aのクラックでよれまくった状態で5.8のクラックに登るとさすがにしんどい。

15:30、石ヤ塔第一岩峰のピークに立つ。
二峰と三峰を見下ろして気分爽快。ここは天国でしょうか。


ピークは1畳ほどのスペースでした。ここに立つことが出来てうれしいです。
そこでしばらく休憩し、トポ通りに東面を懸垂下降&駐車場までお足元の悪い帰り道。

19:00、無事下山。
お疲れ様でした。ともやんさん、ありがとうございました。
web拍手
| フリークライミング | 22:16 | comments(2) | - | asc |
コメント
なかなかいい眺めだね。
クラックでマルチって結構貴重だから、今度行ってみようかな。
| TS | 2013/06/04 7:31 PM |
自分たち以外に人はいなく静かな岩場でした。
人の痕跡も少なく、それも石ヤ塔の魅力なんだなぁと思いました。
| Suzu | 2013/06/04 10:33 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER