エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 2013/3/9〜10 北アルプス 爺ヶ岳東尾根(敗退) | main | 2013/4/13〜14 御在所(前尾根&ビバーク、中尾根、一壁、うさぎの耳) >>
鹿島槍北壁 正面ルンゼ 1day
ともやんです。

 3/24に鹿島槍北壁 正面ルンゼに行ってきました。
19時間 1dayです。

23日22:00
大谷原の駐車場を出発。
今年は昨年と違い天気良好、雪質も締まっていて歩きやすい。

大川沢での渡渉
飛び石で行けそうにないので靴を脱ぐ
冷たい、痛い・・・
対岸に渡り裸足で雪面を登り平な所でザックに座り雄たけびをあげた。

もう渡渉がないことを願ったがまた渡渉
もう靴は脱ぎたくない
飛び石で行く。セイヤー!

ポチャリ!

天狗尾根を登る



3:30  天狗の鼻着
鼻からはカクネ里に向かって下降する。
懸垂1回でなんとかカクネ里に降りれた。
ようやく明るくなりだし、北壁が良く見える


北壁に陽があたりだした


主稜手前あたりの雪壁
傾斜がきつくなり主稜基部あたりの雪壁はやばかった


主稜をトラバースして正面ルンゼへ。先行2人パーティを追う


正面ルンゼはスノーシャワーが降り続く中での登攀。
氷、硬雪、スカ雪、草付きのMIX
先行パーティはロープを出していたがこのスノーシャワーの中で待つのも
なんなんでフリーソロで行くことにした。
100mほどあがってようやくルンゼを抜けスノーシャワーから開放された。
ルンゼを抜けたあとの雪壁。(写真は別パーティの方)


ここからは正面の尾根上を行く。
クラストしておりフロントポインティングの連続。
ヒラメ筋が悲鳴をあげるが1歩でも間違えればカクネ里まで逆戻り
全力集中と行きたいとこだが徹夜明けで眠い

まだかと上を見るとパートナーが上からのぞき込んでいる。
「そこ山頂?」


12:45 鹿島槍北峰
やっと山頂に立つことが出来た。
平なところってすばらしい。
劒も良く見え景色さいこー
パートナーとガッツリ握手して登頂を祝う
なんどとなく敗退してきたルートだが
今年は天候、雪の状態、パートナーに恵まれ登頂することが出来た。

別パーティの方は天狗尾根を下降
我々は北俣本谷を下降することにした。
コルからいっきに下る。


17:00 大谷原着
web拍手
| 雪山バリエーション | 14:27 | comments(1) | - | ASC |
コメント
ホントの雪山ってこんな感じなんだね!!


さすがッスね!!!
| KI | 2013/03/31 11:14 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER