エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 20121202伊木山 | main | 20121223御岳濁河温泉鱧鮨 >>
20121209八ヶ岳連峰
 TSです。
12月8,9日で八ヶ岳へアイスクライミングに行ってきました。
メンバーはともやん氏、Suga兄、TSです。

大雪予報で行きの高速からかなり雪が。
フロントグラス一面に雪。ノロノロ運転でなんとか美濃戸へ。



一日目はジョウゴ沢。

赤岳鉱泉でBCを設置後、取り付きへ。

階段状のF1は巻いて通過。
F2をSuga兄リードで登ります。

その後はめぼしい氷もなく、標高を稼いでいきます。
稜線に近づくと、沢筋にいるにもかかわらず物凄い風。
油断すると体が浮きそうになります。

雪も降って、視界もあんまり良くありません。
個人的には一番寒い山行だったかもしれません。

これで稜線に上がるのは自殺行為なので、すごすごと引き返し、
下部のF2にトップロープを掛けて遊びました。

2日目は三叉峰ルンゼを目指します。

今年はやっぱり雪が多く、赤岳鉱泉から取り付きまで一部しかトレースが無く、
腿から腰にかけてのラッセルを強いられなかなかスピードが上がりません。

それにどうやら「6mほどのちょっとした氷」はもう既に埋まっていたようで、がんばって
ラッセルした先には大滝が。
后櫃離弌璽船ルで何とか登れそうなくらいの発達具合。

じゃんけんの末ここもSuga兄のリード。
今季初アイス&昨日のヨレからか、手の痺れがハンパありません。

手の痺れに加え、上部も雪がたまっているらしく、
何度かスノーシャワーを食らいながら登り切ります。
抜け口から上はびっしりと新雪が。

雪崩が怖いのでそれ以上は上がらず、相談の結果再びジョウゴ沢へ戻ることにして、
またF2を登りました。

寒気のせいで気温も経験が無いくらい寒く、風も強く、雪の多い厳しい山行でしたが、
個人的には非常に良い経験ができました。

ともやん氏、Suga兄、皆さんお疲れ様でした。
web拍手
| アイスクライミング | 22:41 | comments(0) | - | asc |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER