エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 豊田 天下峰 | main | 燕岳 >>
5.3〜5 赤谷尾根〜北方稜線
 連休後半にともやんさん、YUKI嬢、TSで赤谷尾根から北方稜線を歩いてきました。



天気予報では絶望かと思われていましたが、一日目は青空が覗く場面もありました。
GW前半で融雪がかなり進んだようで、取付きからかなり苦労しました。



2日目は見事に雨。
ブーツの中まで浸水するしガスで視界は悪いわで大変でした。
大窓までもたどり着くことができず、無念の敗退。
ずぶ濡れになった体をテントに放り込んで3日目に下山することに。



そして下山日に好天に恵まれるという皮肉っぷり。
振り返ると小窓の王や雲を讃える剱岳本峰が。
本峰は荘厳というよりもちょっと不気味・・・。
まさに『死者の山』でした。



敗退は残念でしたがいろんな経験ができました。
皆さんお疲れ様でした。いやマジで。

ともやんさん、YUKI嬢、追記よろしくお願いします。

ともやんです。
トレーニング山行&3日間お疲れさんでした。
登頂はできなかったがどれも充実した山行ができました。
写真アップしとくよ


取水口あたり



もっと手前から取り付けばよかったがもう遅い。1Pロープをだした。


赤谷尾根の下部はやぶこぎ3級


ようやく雪稜っぽくなってきたが、雨も降りそうなので今日は1800m地点にて終了
テントに入ってすぐに雨が降りだす



二日目、雨が降ったり止んだりしていたが出発する


赤谷山直下のぼろ壁を1Pロープをだした。前回来たときは雪壁だったのに今年は雪解けが早いのかな


視界の悪いなか支尾根に迷いそうになるが何回か補正してルートを切り開く。
雨風強く、時間的にも厳しくなってきたので大窓手前で雪壁を切り崩してテントを張る。
装備もテントの中もビショビショで不快指数120%か
翌日以降も天候が微妙なので敗退することにした。




3日目
朝からベルグラとなったハイ松をつかんでモンキークライミング





雪壁をトラバース


視界悪い


懸垂して降りたら、ガスの間から正規のルートが・・・また登り返す。
敗退も楽じゃない。



ようやく晴れ間が見えてきた


雪庇下のトラバース




またいつかリベンジしよう
web拍手
| 雪山バリエーション | 19:17 | comments(2) | - | asc |
コメント
あの天気で行ったのですね。流石!
引き返すところも流石
| 波多野 | 2012/05/08 9:56 PM |
トレーニングを積んできたので見逃し三振するわけにはいきませんでした。
登頂は出来なかったけど、得るものの大きい山行だったと思います。
| ともやん | 2012/05/11 12:53 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER