エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 豊田 大田エリア 木曽三川ロック | main | 本沢温泉 >>
鹿島槍 北壁 1day 敗退
 ともやんです。

鹿島槍北壁1day 敗退しました。

3/25 大谷原手前駐車場 23:00 → 0:40取水口 → 5:00第一クロワール手前 → 8:00大谷原手前駐車場
パートナーは波多野さん(千種)

今年は鹿島槍北壁を登るぞと3月は第3日程まで計画したが
第1,2とも天候不良で中止
そして第3日程へ突入。
天気は微妙だが行くことにする。

名古屋出発から腹の調子が絶不調。夕食も食べれない。
こんな状態で登れるのか
体調不良なんてつまらんことで山行を中止にはしたくない。
駐車場に着くころにはなんとか調子も良くなってきた。
急激に腹がへりおにぎり三個食べて出発する。
しめり雪が降り続き、装備にべっとりとくっつく。
取水口手前2回の渡渉


1回目の渡渉。バランスくずしてポチャリといったが靴は濡れなくてすんで助かった。



向かう先が明るい。なんだろうと思いきや取水口の電灯が点いていた。なんかホットする明かりだ。
ここでしばらく休憩

荒沢手前で雪壁の高巻き。そして荒沢をつめる。スノーブリッジまでは悪い雪壁のトラバース
天狗尾根にのっかてからも雪は降り続き、ラッセルする雪も深くなる。
雪は膝から腰ぐらい。硬い雪面の上に新雪のしめり雪がどっさりのっかている。
右側の雪庇を踏み抜かないように慎重にルートを選ぶ。
登ってきた道を振り返る。後ろには暗闇の空間。高度感なんてまるでなし
この状況では北壁は厳しいなと思いつつもしばらくこの状況を楽しむ
第一クロアール手前。傾斜の強くなった斜面。
直感的にやばそう。相談した結果ここまでとする。


ここで敗退。暗くて見えないが先にはやばそうな斜面


下山時の荒沢


大川沢に降りてもホワイトアウト

敗退しても楽しい山行でした。
パートナーとは来年のリベンジを誓う
web拍手
| 雪山バリエーション | 20:58 | comments(1) | - | asc |
コメント
本当に敗退しても楽しい山行だった。
また来年臨みましょう。
登れるまで足を運び続ければ、その内登れるさ。
気楽に、そしてどん欲に行きましょう。
| 波多野 | 2012/03/28 10:09 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER