エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
<< 一瞬の晴れ間 | main | 久々の街の休日・・・ >>
穂高パチンコ

ともやんさん、うどんこで春先から暖めていた計画を実行に移しました!
穂高継続登攀。屏風岩〜己正面壁〜滝谷で4泊5日。
何と夏合宿らしいんでしょう

8月7日

初日は屏風の扇岩テラスまでの予定だったが、T4尾根を3P登ったところで雨
ツェルト被って昼寝しながら様子見するも、パラパラと止まないので今日はここまで。
初日から濡れ濡れツェルトビバークとは…先が思いやられる
でも意外と寒くなかった。8時間行動で、まだまだ余裕

 
冷た痛い渡渉もまた楽し


近づくとまた一段と大きく見える屏風岩。これを登る日がくるとは…

8月8日

2日目。今日中には確実に抜けないとここで終わってしまう。
天気は上々雲稜ルートに取り付く。
1〜4Pはともやんさんリード。終始難しいピッチは自信がなかったので、ともやんさんに任せてしまいましたごめんなさい


雲稜ルート1P目リードのともやんさん


3P目からのA1セクション。ボルト感覚は遠くはないものの、3丱好螢鵐阿力続。


フォローするうどんこ。高度感がすごい。


4P目のトラバース。高ーい。


5P目ビレイ点から。時間もかかったけど、とても充実した。

最終ピッチともやんさんリードの卦蕕両緝瑤蓮▲椒蹈奪椒蹐隆笋氾ナ鼻A0したらハーケンが抜け、NPをとれるところもない。確実な潅木もなし、といった感じでメッチャ怖かったとのこと
フォローのうどんこもスタンスの岩が丸ごと崩れた箇所があり、リードだったらヤバかったです
やはりトポだけでは全然あてになりませんね

結局抜けたが14時をまわっていたので、屏風の頭へ出て、パノラマ新道を下降。
雨はザーザー
中畠新道との分岐の30分くらい下へいったあたりの広場で2日連続の雨中ビバーク。
標高は高くないので、今日も寒くはないが、濡れ濡れで不快だった。
14時間行動でなかなか疲れた


8月9日

3日目。カメラの電源が入りっぱなしだったのか、早くも電池切れで朝から凹む。
奥又白へ向かう。己正面壁と前穂の東壁がドッカーンとパノラマでそびえていて素晴らしいところだ


奥又白周辺からの己正面壁と前穂東壁。

しばし休憩し、壁へ向かう。
ガレたルンゼを落石に注意しながらトラバースし、雪渓を詰める。
途中うどんこが10m弱滑落し焦ったが、何事もなくて一安心
しかし、B沢は悪いやはり東壁へのアプローチが不安になったので、手前の己正面壁松高ルートを登ることにする。

うどんこスタートでツルベで登る。
1P目の教蕕牢笋ボロッボロで全然教蕕箸六廚┐覆った
ともやんさんリードの2P目の卦蕕皀廛▲廛蹐任なり怖かった


4P目のハング帯。重い荷物のフォローは苦労したが、何とかパワーで乗っこした


プアプロの卦蕕鬟侫ローするうどんこ。

結局15時頃に抜けた。
2人とも神経衰弱気味アルパインは神経使うなー。
今日北穂まで行く予定だったが、全然無理そう&水は残っていたので、北尾根3・4のコルでビバークすることにした。
さすがに風が強くてちょっと寒かった


3・4のコルで。カッコつけてみた。


5日間の我が家。ポールと細引きを使えば結構丈夫だし、中も広く使える。

14時間行動でかなりお疲れモード
疲労と神経衰弱で、正直3日目終了時点でうどんこはかなり気持ちが折れ気味
明日の下山もありかな?とか本気で考えるほど。


8月10日

4日目。とりあえず北尾根の景を3P登り、前穂へ。


朝から天気も良く、快適だった
一晩寝たらわりと回復し、何か登る元気が出た滝谷も行きたい!

今日は北穂までの歩きで、ゆっくりなので、山頂で乾燥大会ありがとうお日様。
奥穂で大人買いしたコーラは死ぬほどウマし
北穂までのんびり歩いて今日は終了。
7時間行動で、登る気力を取り戻す
北穂のTSは4張ほどしかいなかった。この山行唯一テン場代を払う
風が強くてツェルトの内部は狭くなったりしたが、崩壊することはなかったよしよし☆


8月11日
5日目。夜半から風が強く、雨も降り出した。
朝起きてみると、外はガスガス小屋へ行って情報収集したりして天気を待ってみる。
午後からは崩れるとの予報だったので、午前勝負と思っていたので焦る。

涸沢側のほうは少しガスが薄くなったので、とりあえず準備して下降点付近まで行ってみるが、滝谷側はまるで別世界だった…


ダメだこりゃ

最後の1本ということで、欲が出そうになったが、無事に帰りたかったので勇気の撤退とした

槍に行こうかという話もあったが、日数的にも、気持ち的にも十分だね、ということになり下山とした


徳沢で勝利のソフトにがっつく。

5日間中3日雨に降られながらも、タイミングが良かったため、2本(+北尾根も)登れたのは大きな収穫だった
今回は特に自分にとって色々な面で得たものが多く、計画段階から本気で考えて準備し、行動すると残るものも大きいなと感じた
憧れと意志を持ってこれからも頑張ろうと感じることができた山行でした

ともやんさん追記あればお願いしまーす。

web拍手
| アルパインクライミング | 18:43 | comments(5) | - | 管理人 |
コメント
5日間お疲れさん
今となれば全てが楽しかったな
うどんこの成長ブリには驚いた。
リードよろしくね
P.S帰ってきてからだけどエロいマダニに噛まれてた
| ともやん | 2011/08/14 4:17 AM |
お疲れ様です!
お盆の縦走中、山小屋でばったり某会のHさんに遭遇しました。

山行の事を気にされていたので報告書を提出しておきました!!

山の中は狭いですね!
そしてまた一発でわからなかった(T-T)
見るたびに印象が違うんですけど…(言い訳)

やっぱり雨にやられましたか。。。
入山日頃かな?
我々も雨にやられ岳沢の下降が川や滝のようになっていたので皆で心配してました
無事で何よりです!
| YUKI | 2011/08/20 10:42 PM |
でら楽しそう!
しかもめっちゃイイ顔してるね。
| TS | 2011/08/22 11:16 PM |
ともやんさん、クライミングを終えた後のソフトは、さぞかし美味かっただろうな。

どん欲にクライミングに打ち込む姿がまぶしい・・・。
自分もクライミングを捨てたわけではないけれど、山の原点の沢登りに集中したいと思っている。

そういえば小槍をやるらしじゃん?
10年前、本の表紙に憧れて真剣に狙ったことあったけれど、結局未遂に終わってしまった。

もし小槍をやっつけたら、連絡してください。
| 波多野 | 2011/09/01 8:53 PM |
波多野さん、上の廊下やったみたいですね
小槍の上でアルペン踊りしてきます。
| ともやん | 2011/09/02 10:10 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER