エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
1995 Summer Collection on 2019. 6.10

お久しぶりです。

ガチムリンです。


もう一週間前のことになりますが、

6月10日、奈良県の大台ケ原にある、千石瑤離侫蝓璽泪襯船襦璽箸離汽沺璽灰譽ションに行ってきました。

タイトルからビビッと来た人はさすがです!



ともやんさんが毎年のように、海外海外と言っていて、突然、サマコレ行かへん!?

となり、計画が発動になりました。

3月ごろに提案された当初、リードできるグレードかどうか心配でしたが、結果的には問題はありませんでした。


メンバーは、ともやんさん、HTNさん、TI君、ガチムリンの4名。


前日入りして、講習を受けてから入山の為、9日の昼前に名古屋を出発。

天気は雨!ついても霧ばかり。

講習というからにはしっかりしてるのかと思いきや、ビデオのみ。そして何故かガチムリンの入山許可証だけなく、ラミネートに直書きの暫定カード。ある意味これはレア仕様。


翌日の天気は回復予定のため、それを願い早々と寝床をさがして場所探し。

最後に落ち着いた場所で、意味不明な釣り人ジジイ86歳に遭遇し、寝るのが遅くなってしまった。


翌日朝3時に起床、4時くらいにビジターセンター駐車場に着。

空模様と睨めっこし、壁はきっと濡れてるけど、行くだけ取り付きまで行くことに。

道無き道を進み、やっとの思いで取り付きへ。


止まると虫がいっぱい襲ってくる。

この時我々は知らなかった、こんなことになるとは…


パーティー編成は

先行パーティー、HTNさん、TI君

後行パーティー、ともやんさん、ガチムリン

で、両パーティーともツルベで登りました。





サマコレは色んな人が行っている記録があることと、今回我々が登った時はやはり濡れがひどかったため詳細にはピッチの感想は書きません。


全体的な印象として、最後の3ピッチがやっとフリークライミングのマルチピッチらしくなり、快適に登りを楽しめました。




先のピッチでは濡れた箇所が多くもはやクライミングどころではない状態であったため、A0で対処して登ることとなってしまい、残念な時間でした。




岩質は今まで触ったことのない砂岩でしたが、前半ピッチではチャート、安山岩のような感触でした。

後半ピッチはやっと砂岩特有の模様を目にすることができ、フリクションを楽しむことができました。


元々はアルパインルートであったため、アルパインちっくな箇所がてんこ盛りです。


HTNさんは12年越し、ともやんさんは気にはなっていたルートとの事で、今回フリーのマルチピッチをご一緒出来てよかったなぁと思います。



しかし、大変なのは帰ってからで、

ものスゴイ強烈な痒みとの戦いがこの記事を書いている今も絶賛格闘中。

小さい虫が止まった際、チクチクしたわけで、実はその際吸血されていました。

この虫、調べるとヌカカというもので、集団で襲ってくる小さい蚊でした。


マジで凄まじいことになるので、皆さん気をつけてください!

web拍手
| フリークライミング | 18:06 | comments(0) | - | 管理人 |
20190518 南山ロープ講習

ガチムリンです。


先日入会した新人の男の子、なんと大学4年生、22歳!の子のために、ロープ講習をしてきました。


メンバーはともやんさん、ガチ、新人のQ君、そしてなんと就職のために苦しくも会を退会したサッキーが、翌日豊田で予定がありちょうどよかったらしく、東京からはるばる参加!!


ともやん会長+ガチムリンのロープ講習がいつのまにか当たり前になったきた気もします。


今後、雪山とクライミングを中心にガンガン登りたいというQ君の為に、1日朝8時半くらいにから夕方6時半くらいまで、がっつり登りこみ訓練できました。

ビレイも終盤になるとスムーズに出来るように。



登りは問題なし!次回はリードで挑戦できるといいね!



東京から参加のサッキー。

南山というかリードは、前回ガチムリンに付き合ってトレーニングした日以来です。

今回は女岩の30メートルくらいあるルートに挑戦。

難しいところもありヌンチャクを掴んでしまうところもありましたが、これまで一緒に外岩に行き共に登り、指導した身としては、とても嬉しい出来事でした。

サッキー本人にとっては、精神的に大きな挑戦であり、大きな一歩に違いありません。

これからどんどん成長していって欲しいなと思います。



web拍手
| フリークライミング | 22:27 | comments(0) | - | 管理人 |
令和初めての鳳来、OSと初めまして鬼鬼鬼。

こんばんは、こんにちは。おはモーニング。

ガチムリンです。


2019年!令和元年!5月11、12日で鳳来へ!

メンバーはともやん会長、HTNさん、ガチムリンの三名。

ちなみに帰りの車で書き込み中!


令和に入ってからの初鳳来でなんと1日目に2つオンサイト、2日目はまぁ。

11日は初めて治山水に行きました。

12日はなんと、鬼石です!

沢山のクライマーが憧れる?場所ですね。



1日目 治山水


個人の記録しかないので。申し訳ないですが…

ドキンちゃんの入園式 5.10c/d フラッシュ

ともやん会長オンサイトトライのビレイをしていたため、正式なOSではなかったので。


お散歩スエちゃん 5.11a OS

妥当な5.11aらしいのですが、僕には10bくらいに感じた。ミルキータワーのペコちゃん11aより簡単だった為拍子抜けしてしまった。


上記のルート以外にも色々触りました。

ウォームで登った10aは、まさかのルーファイミスでワンテン。ルーファイ能力が乏しい…。

様には春夏秋冬というレイバックの拷問で疲れ果てて終了。


夜は県民の森で宿泊。ゲートの時間がちょっと厳しいけど、とにかく安くて良いところ!


2日目 鬼石

前日のテントの中で鬼石にいくのに決定!

長いと言われるアプローチ。僕の足で乳岩峡の入り口から鬼石まで1時間ちょっとかかりました。

アルパインクライマーの大先輩2人、歩くの早い…。一気に離されました、えぇ、置いてかれましたとも。一回も止まらないようにがんばりました。


初めての鬼石。とにかく岩のスケールは他のエリアと比べても大きいし、被りもきつい。

いつも大盛況と聞いていたのですが、予想よりはあんまり多くなかったです。


登山道に脇にあるため、中々珍しい景色。

下の写真が鬼石。


登山道に面していて、登山者が見るところですが、

実はメインウォールはここではなく、この面の傍にあります。


こちらも登山道脇にありますが、鬼石ではありません。

こっちはハイカラ岩で12台からしかありません。確か。


見学後、我々はウォームウォールで10aを登る。みんな一撃。

メインウォールは人が多かった為、人がいないがっかりエリアに行くことに。

11aの課題が2つあるはずだが、見当たらず。

明確な方を登ることに。

しかしいきなり足上げ水平の体制になり、きつい。



ガチムリンが2ピンまで進んで、テンション。

トップアウトも厳しそうなので敗退。


次にタケちゃん11bに挑戦するも、被りがきつく、みんなで仲良く敗退!!



最後はみんなであんこ10bで締め。

思ったよりもヨレすぎていて、テンテンでトップアウト。

帰りはまさかのトレイルランで下山!!

いつも鳳来は、ガチムリンは車だし、運転するので、規制をかけるのですが、今回はそんなことせずに、普段よりも追い込みました。

ヘロヘロっす。


HTNさん、車だし、運転長いことありがとうございました。

ともやん会長、エリアの案内、課題の選定ありがとうございました!


今回、初めてのどっ被りでの経験として、

フェイス、スラブと比べて、ロワーダウンしながらのヌンチャク回収はめちゃくちゃ大変というのがわかりました。

変な筋肉がつきそうです。


良いクライミングができました!

web拍手
| フリークライミング | 19:51 | comments(0) | - | 管理人 |
20190420-21 平成最後?の怒涛のRP

こんにちは、コンバンワ、おはようがざーます!

ガチムリンです。お久しブリトニー。


さて、タイトルの通り、今週末はこれまでにないくらいのRPが連続しました。


もう多分俺そろそろ死ぬんじゃないか?

というくらい今年のクライミング運を使い切った気がします!!


登れた課題

4/20 豊田ボルダー

バックトゥーザフューチャー2 (b)

パーマン(c)


4/21 椿岩

モンキージャスティス 5.10b OS

メイストーム 5.10b 三撃


20日豊田ボルダー

Isaさんお目当ての課題をやってから、槍エリアにあるバックトゥーザフューチャー2(b)に取り付く。

指が痛いガチムリンはエンクラだー!

と思って昼寝して、せっかくだからお触りしたら、2回目ですんなり登れてしまった…!!


来た道を戻るつもりが迷って車道に。アダムスエリア近くに出てしまった。豊田、広い…

次の狙いはパーマン。

こいつはずっと触ってて、もう登らないだろうと僕は諦めてましたが、2回目のお触りで最高到達点を超えてしまい、3回目ですんなり終わってしまいました…。

体調悪い時とかの方が登れるとか、登れる時は身体がなんかフッと軽くなるとかよく見ますが、今回、自分もその感覚を感じることがありました。



4/21 椿岩


前日の疲れもあり、しかも朝起きたら痛めている指が固まっていて、あ、これダメなやつじゃね?と始まる1日。

岩場にはゆっくり集合。他県ナンバーが沢山あり、岡山ナンバーも!

最近ジムで仲良くなったTOMoZoさん達+犬一匹とレッツゴー。


なんかよく見る人もいたし、リボルト作業のおかげなのかめちゃくちゃ大盛況!


のんびりしながら登り始める。

昨年の4月末にともやん会長と来た時も指を痛めてたし、リードに対しての慣れが全く無くて全然登れなくて、正直楽しめるのか微妙でしたが、1年間とにかく我慢してやってきたことがやっと経験に変わってきたのか、思った以上に楽しめることができました!


モンキージャスティス5.10bは、初めの乗っ越しだけ辛い、あとは体感5.9でした。


次に登ったメイストームも最初の出だしだけであとは5.9のガバの連続。

メイストームに至ってはトポでは5.11bの記載ですが、5.10bでいいくらいか?と感じました。

せっかくヌンチャクがかかっていたので、ケイブマン5.11bをやってみたが、ヨレ始めていたのか、指に気を遣い過ぎてるのかで3ピン目まで行ったけれど、クリップできず、危険と判断して敗退。


そのあとはもう一度メイストームをギア回収便を出したものの、ヨレすぎてスタート乗っ越しなスーパー苦労しました。が無事に回収完了して、下山!


指がを痛めて以来、負担がかからないように庇って登ったり、トレーニングもやめたため、持久力が落ちてましたがそれなりに成果が出せました。

11台をどこの岩場でも問題なくコンスタントに安定して登れるよう、頑張りたいと思います。


あ、あと人生で初めてマダニを見ました!

小指の爪先くらいあって、実際に初めて会えて感動しました!

web拍手
| フリークライミング | 22:35 | comments(0) | - | 管理人 |
2019/4/6〜7 鳳来


ともやんです。


今週土日で鳳来へ

メンバーはハタノさん

土曜のみでio君、ガチムリン


前回お気に入りとなったモックルでモーニング卵かけご飯。


前回の反省もむなしく三杯食べて満腹


なんとかかんとかミルキータワーにたどり着いた時にはすでにio君達登ってました


ついにガチムリンが11bをオンサイト


私はたいした成果もなくコーヒー飲んでのんびりと。


各自5〜6本づつ登って本日終了

帰りの沢で愛シング


鳳来は桜のいい時期ですね


翌日曜はハタノさんと治山水へ

ともやん、10年ぶりの再訪


こんな樹林を歩いて行くと


ハング下に小屋?


アルパインクライマーのハタノ氏がついに11aをレッドポイントした!


帰りの車中、渇水した鳳来湖に沈む夕陽を見てグランドキャニオンみたいじゃない?

行ったことないけど、そんな感じに見えた・・・


つづく

web拍手
| フリークライミング | 20:58 | comments(0) | - | 管理人 |
2019/3/2 鳳来 ミルキータワー

ともやんです。

久しぶりの投稿


少し暖かくなってきたので、久しぶりに鳳来へ


メンバーはガチムリン

移動中の車の中で、道の駅にある卵かけご飯バイキングの話になり、寄り道することに


2杯食べて締めにお茶漬け

食べすぎた

満腹

気を取り直してミルキーへ

誰もいなくて貸切、この岩場は静かでいいな


クライミングは

ともやん

翼11c  レッドポイント


ガチムリン

ペコちゃん11a あと少しで行けそう



帰りは福寿司へ

鳥ゴボウ丼うまか〜


また行こう!



web拍手
| フリークライミング | 21:42 | comments(0) | - | 管理人 |
2018/2019 年末年始のクライミング纏めてご報告!

ガチムリンです!

新年開けましておめでとうございます。と言っても遅いですが、

今年もよろしくお願いします。!

 

2019年もフリークライミングを中心にしつつ、登山も満遍なくやっていこうと思います。

今年は5.11台を登るのが目標です!

早速年末年始のクライミングをまとめてご報告。

毎度ですが、写真のリサイズがめんどくさいので縦横ずれます。

 

2018/12/29 白

ともやん会長、HIDAさん、元会員のYさんで2018年最後のクライミングへ!

HIDAさんは2018年最初で最後のクライミング。

私は一緒に登るの初めてで、HIDAさんが登るところを見るのも初めてです。

非常にキレイな動きをするので、ぜひ継続してクライミングしてもらいたいですね〜。

 

HIDAさんがやりやすそうなルートにトップロープを張りつつ、自分はリードで頑張りました。

私の成果は下の二つ。

まっ黒クロスケ 5.10a MOS

無名ルート 5.7? MOS

 

ともやんさんが隣のルートのトトロ5.11cをやっていたのでおさわり。

リードしてみましたが、やはりイレブン台は簡単に登らせてくれません。難しい…。

TRで観察してみると、上の方も中々手強い感じ。あと97回くらいやったらできる気がする。

最後にともやんさんがやっていた5.10cのルートをおさわり。

またもや1ピン手前で力尽きた。あと3手のガバで完登できしかもオンサイトグレードが上がる所だったのに、めたんこ悔しい結果で終わりました。

 

2019/1/3 

2019年、新年一発目のクライミング。

サッキー、BANを連れて再訪。

サッキーは無名ルート 5.7? をMOS。石灰岩が初めてながらも、やってくれました。おめでとう!

相変わらずキレイな動きで登っていくサッキー。

ともやんさん、サッキー、HIDAさん達は羨ましいくらいスタティックな動きができるので

自分もそんな動きができるようになりたい。

 

BANさんは今年二回目?の外岩。クライミング慣れしていない為やはり難しい感じ。

 

せっかくなのでTRで11台のルートをおさわりしてみた。やはり難しい。

途中まで⇩みたいな感じで登って諦めました。

10aのルートを色々おさわり。仙人掌は10aなのに、予想を超える難しさ。登れなかった。

私は女王様はルートがよくわからず、先のルートでフルパワーだったこともあり、ルート模索、ホールド模索で力尽きテンション。

上まで抜けたもののやっぱりよくわからないルート。

冬でも暖かいと評判のシラクラが珍しく曇りで風も通り寒かったです。

 

2019/1/4 瑞浪

サッキーと新年二発目のクライミング。

この日は僕がスラブを特訓したかったので、スラブメインで行きました。

 

昨年出来なかったロンパールームは、TRで二回連登し、どちらも

テンションなしで登れました。

そのあとは奥の方にある無名スラブ (三級とかそれくらい?)

サッキーはOS。 

私はASCに入会する前の2016年12月に、クライミングジムの講習会で初めて瑞浪に来て、TRでこの課題が全くうまく登れなかったですが、2年振りに決着をつけました。ASCに入って色々な岩場を経験した今、なぜこの課題にあれだけ苦労していたのかが不思議でたまらなかったですが、コツコツ登り続けたことでそう思えるようになったんだなと改めて実感しました。

 

サッキーはクラックを登りたいとのことだったので、有希子の初恋(10a)をTRする。

サッキーは二回連登。一回目は初めの出だしで何度もテンションしましたが、二回目のトライはノーテンで上まで行けました。

一見ハンドジャムでいけると思わせられるけど、実際パワーも必要な課題なので最後はヘロヘロに。

私はこの課題トップアウトできていなかったのですが、今回は力尽きてワンテンしましたが、トップアウト無事に出来ました。

 

最後の締めはウォーターシュート5.9のスラブ。

この課題は2018年2月くらいにリードでやろうとしたものの、疲れてしまって集中力がなく、1ピン目にヌンチャクをかける前に敗退した課題でした。

珍しくトップロープをしないでいきなりリードで挑戦した課題で、私がリードしようとした初めてのスラブです。

今回は1ピン目は問題なかったが、そこから上に上がらずA0。

2ピン、3ピンも掴んでしまいましたが、そこから上はキチンとトップアウト。

トップロープしたことがなかった為、長めのスラブと知らず、持って行ったヌンチャクが足りなくなるところでした。

その後TRで挑戦するとノーテンで行けたので、近々RPしようと思います。

web拍手
| フリークライミング | 21:25 | comments(0) | - | ASC |
20181223 鳳来 〜やっとサンバが踊れたよ!〜

お久しぶりです。ガチムリンです。

 

しばらくブログの投稿が空いてましたが、

一週間に二回くらいは山行にはちゃんと行ってますよ。

 

 

先日、ともやんさん、サッキーと一緒に鳳来のミルキータワーに行ってきました。

 

結論から書くと、鳳来でやっと5.10cのサンバという課題をRPできました。

写真は終了点手前でもぞもぞしているところです。

実は1ヶ月前に同じ所に来て、オンサイトトライで後残り1ピンでテンション。

10cをいきなりオンサイトする力はやはり無く、

ルートが長い為、核心部手前でどパンプする状態でした。

とにかくもったいないとしか言えないトライでした。

その日は、11a/bの課題も触ってみたら、テンションをかけまくった状態でしたが、上まで自力で抜けることはできました。

 

このことがどうしても頭から離れず、同時に「次来たら必ず落とせる」という思いが強かった為、再戦となりました。

 

今回の岩の状態はベストコンディションでなく、小雨が降っており、岩はちょっとヌメる感じでした。

そんな中でRPできたのは、このルートに対して「確実にRPする」の執着心と、

これまで瑞浪で山の大先輩である、ともやん会長とOBのHTNさんの二人による、

しごきにより手に入れた執着心と勝手に思ってます。ありがとうございます。

 

成長期らしいサッキはーというと、トップロープでサンバにトライ。

初めてにして終了点から2ピン目まで、ノーテンで行きました。ムーブもとてもキレイ。

 

岩が濡れているのもあって、持久力トレーニングとしてみんなでトップロープ主体で登りました。

でもやっぱり前回来た時にともやんさんがトライしていた11dの課題が気になりおさわり。

4ピン手前まだ行くけれど、5.11台は簡単には登らせてくれないです。

最後はみんなでサンバをヘトヘトになるまで登って終了。

 

これまでガンコ岩に行ってましたが、個人的にはミルキータワーがお気に入りの場所になりました。

鳳来の中ではグレードも低く、貸切状態で静かということもありますが、

一つ一つのルートが長く、クライミングした!という感じがより一層強いからです。

この岩にある全てのルートをいつか全てRPするのを当面の目標にして、トレーニングに励もうと思います。

 

2018年も終わりになってきてようやく、リードクライミングと岩に慣れてきたような気がします。

 

実は今年最後の山行が明日あるので、新たなRPを目指して、頑張ってこようと思います。

web拍手
| フリークライミング | 22:50 | comments(0) | - | ASC |
2018.9.16-17 小川山

また僕です。ガチムリン。

 

登山の投稿を楽しみにしている人には申し訳ございません。また岩の話です。

 

 

夏前に、ともやん会長から「レスキューやったらアルパインにつれてけるなぁ〜」

とお許しをいただき、九月の連休は錫杖岳へアルパインクライミングの予定でしたが、

生憎の雨・・・・。

せっかく三人いるんだし、エリアを変えたら行けんじゃね?と思い、天気予報をチェック

やっぱり行けたよこっち方面!そして小川山へ行くことに変更!

 

メンバーは、ともやん会長、久々登場わっきー、とガチムリン。

私は初めての小川山!!!

 

花崗岩にたいしては苦手意識が強く、登れるのか?と不安でしたが、ちゃんと登れました。

 

二日間の内、一日目はマラ岩周辺で登り、二日目はマルチピッチ、午後からストリームサイドエリアで登りました。

 

一日目はベニテングダケをわっきーが発見しクライミングよりはしゃいでいた。

わっきーは夜、このキノコをテイスティングした。

 

でもちゃんとわっきーは5.10d課題をRP

僕は5.10a課題を初めて外でマスターオンサイト。でも確実に10aの課題ではなかった。

 

二日目はセレクションというマルチピッチルートを登りに行くため6時に出発。

準備をして登り始めるころには後続が3パーティーくらいいた。

全6ピッチ中、前半3ピッチをわっきーが、後半3ピッチをともやん会長がリード

僕はずっとフォローでしたが、フォローで精いっぱい。リードはまだまだ早いと感じた。

工程としては:

,燭屬鸚こεに見ても一番短い(?)クラック

▲好薀

トラバースからのチムニー

ぅラックからのスラブ

ズ犬悒肇薀弌璽垢らのほふく前進

Εラック

 

2ピッチ目をリードするわっきー↓

 

イ里曚佞前進。

ここまでくる手前のトラバースは確保されていても振られたらすごい怖いと感じた。

 

色々ありましたが、10時くらいに終了点に無事たどり着きました。

その後初めての50mロープを一杯まで使った懸垂下降。楽しかった。

 

次にベースに戻り、ストリームサイドで何個か登り、5.11cの課題トップロープでみんなで登って、小川山を後にしました。

このエリアもグレードが甘いものが多かった。

 

途中変人になりましたが、連れて行ってくれたともやん会長、わっきー本当にありがとう!

 

 

web拍手
| フリークライミング | 12:40 | comments(0) | - | ASC |
20180909 御在所 前尾根

ご無沙汰しています。ガチムリンです。

 

先日9/9に今後のアルパイン山行に備えて、初めて前尾根に行ってきました。

正確に言えば、連れて行ってもらったのが正しいですが。

メンバーはともやん会長、ノリッコ、ガチムリン

 

天気は生憎の雨でしたが、岩場は貸切。

駐車場もほぼ車は止まってませんでした。

 

取り付まで歩いていると、藤内壁出合で雨がザーザーとどしゃ降りに・・・・。

 

ちょっとまったら止んだので、そのまま”ダーッ!!!”することに

 

ダー!しているともやん会長↓

 

完全濡れた岩でのクライミング+ザックを背負う。

初めてだったので、緊張しましたが、全行程特に大きな問題はなく、無事に登り切りました。

ただ、やっぱり怖い箇所はあって、A0してしまった箇所が1,2か所。

 

ダー!するノリッコ。周りはガスガス↓

 

 

 

次回はオールリードで登りたい。

 

web拍手
| フリークライミング | 12:38 | comments(0) | - | ASC |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER