エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
2017.3.4-5 中央アルプス 将某頭山

SEIJIです。

 

少し前の山行になりますが、3/4-5で中央アルプスの将某頭山に行ってきました。

 

最近中央アルプスがお気に入りです^^

名古屋から2〜3時間で登山口まで行けるし、眺めがめっちゃ良いんです。

 

↓昨秋の木曽駒ケ岳からの夕日。今まで見た夕日の中で一番綺麗だったかも。

 

今回は桂小場から出発。8:00、快晴!

 

樹林帯を登っていきます。半袖でも良いくらいの陽気です^^

 

大樽小屋を過ぎたあたりから雪が深くなってきたので、ワカンを装着。

MASAMIはワカンデビューでしたが、ちゃんと家で装着の仕方を予習してきたとのことで、スムーズに装着。

ルーキーの頃、値札つけたまま雪山に持ってきた僕とはえらい違いです^^;

 

尾根をひたすら登っていきます。きつい・・・!

 

16:00。胸突の頭手前の、なだらかな場所を選んでテント設営。

今日のお宿ができました^^

 

夕飯タイム♫

山の一番の楽しみですねー^^湯気でモヤがかかってます(笑)

 

YASUKA特製ウマウマ鍋♪

寒い雪山であったかい鍋に冷たいビールで乾杯!なんて贅沢なんだー^^

まったりして20:00就寝。

 

4:00起床。

3月とはいえ寒い・・・。テントの外に出るときは勇気が要ります^^;

アイゼンを付ける隊員。

 

5:30出発。

 

胸突の頭に出ました。日の出前の静かな時間。

 

ご来光。一日が始まります。

 

目指す将某頭山が見えます。

 

ピークへの稜線を歩きます。

雪が凍っているため、しっかりアイゼンを効かせて歩きます。

風が上がってきて結構な強風。15m/s〜17m/sくらいでしょうか。

 

登頂!

快晴。360度全部見えました^^

 

・・・と思ったら木曽駒方面を雲が覆っていきました。

ちょっとの時間の違いで見られる景色はずいぶん変わりますね。

木曽駒への稜線がすごくかっこ良くて、また力をつけて挑んでみたいと思います。

 

登ってきた将某頭山。

登った山は一層綺麗に見えますね^^

YASUKA、MASAMIおつかれさまでした!

 

web拍手
| 一般(積雪期) | 22:53 | comments(0) | - | asc |
年に一度は西穂ラーメンを食べに行こう

久々にYUKIおかお(幸せ)です。

 

年に一度は

『西穂のラーメンを食べに行こう&雪だるま雪だるまに会いに行こう』

今年は2回つぶしてしまったので、3度目の正直

 

樹氷がきれいですきらきら

 

今年の雪はまずまず。結構高めになってます。

園地内雪の回廊?

 

変な雪の塊があると思ったら

 

西穂口の小屋でした。 結構埋まってます

 

昨日も降ったのかふわっふわ、モフモフの雪を進みます

 

西穂のテン場は相変わらず大盛況

 

今年の雪だるまは大きいように思います

165cmの渡すが立つとちょうど口の下

 

予定通り

 

3月だからかひな人形も

 

稜線上は風がちょっと強めでしたが、通して良い天気でした

 

なんと、ロープウェイ展望台にも

雪だるまがいましたよ!

web拍手
| 一般(積雪期) | 15:55 | comments(0) | - | asc |
2017.2.4 伊吹山(滋賀県)

SEIJIです。初投稿です^^

2/4(土)に、ASCのお姉さん方と伊吹山に行ってきました。

 

標高1377mの伊吹山ですが、ガスっていて結構な迫力。

 

いざアタック!

 

晴れてきた!空が黒いくらいに青いです^^

 

結構な急登ですが、安定した歩き方ですね。

 

確実に登っていきます。頑張れー^0^/

 

なんか立ち方がかっこいい。

 

山頂!風もなく穏やかな雰囲気。

 

360度の大展望!

 

エビのしっぽが凄い。

 

お天気に恵まれて良い山行でした!

また行きましょう^^

 

 

web拍手
| 一般(積雪期) | 15:47 | comments(0) | - | asc |
富士山

ともやんです。

 

2017年一発目は富士山に行ってきました。

3連休の土日で行く予定でしたが、日曜の天気が悪い。

なら、日帰りで行こうと弾丸で行ってきました。

メンバーは村やんです。

 

1月7日

太郎坊洞門(1:30)→御殿場口新五合目(2:00)→山頂(10:45)→太郎坊洞門(17:00)

 

 

新六合あたり。

 

ようやく陽がでてきた。

 

 

八合手前あたり

 

 

八合から先はルートは2つ。大弛沢(夏道)と永田尾根

長田尾根から行くことにした。岩尾根上にクラストした雪となっている。単独の人が雪の状態が悪いと降りてきた。

とりあえず前進。問題なく行けた。最後はお鉢に飛び出る。

お鉢には何パーティかいたがパートナーの村やんは単独の外国の人となにやらしゃべってる。

英語しゃべれるんかとちょっと尊敬

お鉢にでたところ。微風快晴 浅間大社にて参拝してきました。

 

下山は大弛沢から降りる。

クラストしたルンゼ状で、滑落すれば宝永火口まで一直線か・・・

大事をとって、ロープを出すことに。懸垂4回ほど

 

このころには睡魔に襲われる。小屋の軒先で休憩しつつ寝る。

ながーい大砂走を歩き、ようやく駐車場へ

標高差2000m日帰りは疲れたけど、楽しい山行でした。

 

御殿場のアジのある銭湯に入り、御殿場駅前でトマトラーメンを食べた。微妙にうまい

 

今年も行きたいところ、やりたいことはいろいろあるがボチボチやっていきます。

 

web拍手
| 一般(積雪期) | 01:34 | comments(0) | - | asc |
2016/04/30〜05/01 笠ヶ岳
SUZUです。

4/30〜5/1で笠ヶ岳に行って来ました。メンバーはISAさんとSUZU。

1泊2日の行程で新穂高から入山〜⇒2日目に笠ヶ岳登頂⇒笠新道から下山の予定でしたが2日目にホワイトアウトに行く手を阻まれて一日目のルートを引き返し敗退となりました。

4/30
朝7時、新穂高の駐車場で用意しているとSUZUのビーコンの電池がないことに気付く。「すんません!!」とISAさんに平謝りして往復一時間ほど掛けてコンビニに電池を買いに行きました。「そんなこともありますよね〜」と笑って許してくれるISAさんは「いい人」なんてありふれた言葉では失礼、この人はもう「神様」と思いました。

8時半に入山。とても暑いので半袖で歩きました。新穂高から入山して錫杖沢の途中にあるいつもの渡渉ポイント。
滑り止めにアイゼンを装着し靴を脱がずに飛び石を渡って突破。

10時、錫杖沢出合。まだ暑い。今日も錫杖岳はカッコいい。


13時、山と高原地図の最終水場。カール地形になっていて残雪期はこの時期はあちこちで雪解け水が流れているので困らない。
そして、ここから2時間の急登がとても疲れた。

↓やっとこさ1日目のゴールが見えて来た。


15時、幕営地着、周りには誰もいない。そして16時に幕営完了。

テントでISAさんにソーセージ、焼き肉、赤から鍋を振る舞って頂く。どれも疲れた体にエネルギーを与えてくれた。おいしい。


5/1
5時半起床。6時50分出発。ホワイトアウトで視界は100mほど、風も強い。
ISAさんがGPSをたよりにルートファインディングをしてくれる。

ルートを確認しならが前進を試みるが、這い松だらけのところを進むことが多くなる。どうも正規のルートから外れているようだ。このまま進んでも登頂困難、または出来たとしても下山遅れになると判断してきた道を引き返し敗退することに。

↓下山中に今までに見たことのない大きさのキノコ発見。


↓そして、下山後は平湯の森の近くの洋食屋さんでオシャレなオムライス。ISAさんがともやんさんから教えてもらったとのこと。


敗退したしとっても疲れたけどいい山行になったと思います。

お疲れ様でした。
web拍手
| 一般(積雪期) | 16:40 | comments(0) | - | asc |
しんどかった横尾尾根
YUKIですおかお(幸せ)
GW前半4/29〜5/1 2泊3日で
横尾尾根に行ってきました(連れて行ってもらいました汗
メンバーは、ともやん、MIZU、YUKIの3名

今回は頼れるお兄様2人と一緒なので、いつもよりちょこっとのんきあ
が、段違いの体力差をこの後まざまざと見せつけられる事にゆう★

横尾から涸沢に向かって歩く途中の三のガリーから
ガリーはじめ              ガリー上部 落石にビビるガーン
  

やっと横尾尾根に乗る。やれやれと思ったら
ガラガラ激登り&激下りの繰り返しkyu 
  

P5を目の前に見て本日のお宿を作成。
GWの涸沢を初めて見る。
どうみても雪崩るように見えるけど、大丈夫なんだ不思議だ?


翌日は歩いていたら御来光き 風は強いけど青空晴れ


難所の横尾の歯に差し掛かります。今回私何もしてませんお願いありがとうございます。
  
難所を越えて、稜線に続く急登を見据えて。それにしても急ゆう★

そうは言っても、急登は登るしかないのです! 2人のペースの落ちない事ガーン
YUKIがついてきている事を確認しつつどんどん進んでいきます
 
風が一層強くなり、雪煙巻き上がる中も進みます

やっと最後の雪壁kyu稜線はもうすぐそこ!!

でも、ゼェゼェ_| ̄|○あとちょっとがなかなか登って行かないゆう★
すると雪壁の上から頭がリラックマリラックマぴょこぴょこ
(あっ!心配して覗いてくれたんだ。やっぱり2人とも優しいなぱんだ

リラックマリラックマ『早く登って来て』
えぇ〜ビックリビックリ 
やっとの思いでよじ登る。


さぁこれで難所の越えたし♪ あとは歩いてと思ったら
つま先下り&梯子&激登り&つま先下りkyu 飛騨乗越に一気に下って一気に登る
  

でも、何だかんだと無事に槍ヶ岳山荘に到着ハートやった!
雪が少ないと言っても、穂先は小屋の周りは去年より雪がしっかりありました


ばっちり筋肉痛になりましたが、久々両手あげて全開に楽しかったです顔文字

ついて行けるように体力つけます!
食担の調味料も忘れません!
荷物ももっともっと持てるように頑張ります!
なので、また遊んでくださいねちゅん
 
web拍手
| 一般(積雪期) | 01:37 | comments(0) | - | asc |
快晴の燕岳
YUKIですおかお(幸せ)

3月19日~21日 2泊3日 で燕岳に行ってきました♪
長い林道も今年は雪がほぼ無し!
過去何度もあんなに苦労したのに…案外すぐに中房温泉に着いた

天気予報が微妙だったけど蓋を開けてみれば
雨もなく、風もなく、雲もなく、完璧!

雪が少ないと言っても、やっぱりぴろぴろは出来上がってるみたいです。
稜線には雪庇が大小たくさん

これぞ、本当に雲の海き きれいでしたちゅん

小屋までの最後の直登です!これが写真より急なのだ!さぁfight!筋肉

休業中の燕山荘。静かです。

さて、一服したら山頂を目指します

青空を見上げるいるかと槍

山頂から、燕山荘、穂高方面。
気持ち黒々しているように思いますが、今年の残雪の状況はどうでしょうね?


燕山荘の冬季小屋をお泊りする人の所失礼して覗いてきました。
 

お泊りセットをここまで担ぎ上げるだけの体力をつけて、
今度はぜひとも利用させていただきたいです顔文字
お疲れ様でしたハート
web拍手
| 一般(積雪期) | 20:29 | comments(0) | - | asc |
快晴の荒島岳
YUKIですおかお(幸せ)

1月31日 荒島岳に行ってきました
ここ最近の大雪ニュースでふかふか雪を想像して行ったのに…
旧スキー場は藪だらけゆう★ ラッセルもなし


一気に標高をあげると木がきらきらき


近づいてみると…綿毛のようはえびのしっぽ


木がまばらになり視界が開けます。
展望が良くなると景色に吸い寄せられるよう淵に…そんな時こそ道を外さないように注意汗


この山一番の斜面。
今日は雪の状態も良く問題なし


山頂の祠はご覧の通り、埋まっていません0口0


山頂は360°の大展望と青空


下山は白山を眺めつつ


風もあまり強くなく穏やかな山行でした。
でも1日で1000m以上上り下りするのは大変kyu

でも楽しい山行でした!
お疲れ様でした♪


追伸
下山したら車の窓を割られていたり、へこんだりさせられている車があって警察が来ていました。
私たちの車は何事もなく無事でしたが皆さん気を付けましょうkyu
 
web拍手
| 一般(積雪期) | 19:58 | comments(0) | - | asc |
第2回 雪訓 八ヶ岳!
YUKIですおかお(幸せ)
第2回 雪訓も無事に終わりました!

今回は八ヶ岳の天狗岳。
ぐるっと荷物を持って一周してきました

渋の湯から。道路も雪らしい雪もなく…。
登山道も当然汗 


でも冷え込みは厳しいのか、川はご覧の通り目カチカチ


高見石小屋をぐるっと回るも雪はまばら…。
でも場所によっては、おぉ〜きこれぞ八ヶ岳ちゅんポイントも。 
差し込む陽射しがきれい


日曜日は冷え込むと言う予想に戦々恐々0口0
でも翌日の朝の気温は…思ったよりもまずまずの-14.5℃


テントを撤収して出発準備。黒百合ヒュッテは小屋もテント場も大盛況ゆう★


昨日は2班別行動でしたが、今日は2班近距離行動


天気が良かった事もあって、前も

後ろも…すごい人。山頂にずらっと15名程見えます


今回は岩場も多く、アイゼンでの岩場の上り下りに不慣れな新人さんはパーティーでサポート手
来年の雪訓の時にはきっとアドバイス側に回ってくれる事でしょうちゅん


お泊り装備一式を背負って歩くも、頑張れたのは何よりこの展望でしょう


北アルプスに中央アルプス、南アルプス、赤岳、阿弥陀に、硫黄に…数えられないほど


今回の反省点や新しく覚えた事を復習してステップアップしましょう!
皆さんお疲れ様でしたちゅん


余談ランチ
先日お出かけした時に、ふらっと立ち寄ったSAで、ふっと買った一品。
大根のお漬物です。
小さめで、常温保存、
面白いかなと思ったカレーを今回持参。とってもおいしかったゆう★


味の種類も多く別で3種食べましたが、大根の漬物にこう合わせてくるかかぁ〜
とどれも納得の絶品。
今度また別味も調達しに行かねば!!

皆さんも良かったら山のお供にお試しあれ〜ゆう★
web拍手
| 一般(積雪期) | 22:12 | comments(0) | - | asc |
お正月大遠征 いざ九州へ!
お正月あけましておめでとうございますお正月
YUKIですおかお(幸せ)

お正月休みをフルに使って、九州の山を登ってきましたちゅん
悩んだ結果、結局百名山の ゝ彌算魁´∩鎚貉魁´L古膸(韓国岳)を登ってきました。
長くなりますが…汗

さて、今回九州の移動手段も色々悩みましたが、
.好織奪疋譽后´∋誘遏´0路 ず念車中泊 の条件を満たす方法…結局すべてクリアできる愛車ごと船船に乗船

12月29日 大阪南港ターミナル 
港直前でまさかの遭難。タイムを大幅にロス。
こんなに乗れるの?0口0 と思ったけどとってもスムーズ車車車


中もギュウギュウではなく誘導員さんが寄せも全部見てくれます。

出航船


翌朝、日の出を見に行くと違うさんふらわあ号と並走。大分行きかな? 
朝焼けもきれい日の出 これはいい天気になりそう


12月30日 別府に着いてそのまま、やまなみハイウェイを走り一路久住山へ
雪…全くないエリザベス


今回のお宿『坊がつる』トイレも水場もあります。
テントは10張程度いました。明日は年越し登山者でもっと混みそう


12月31日 久住山頂と九州本土最高峰の中岳へ
すごいマーカーの数。絶対に見失わない。
 

たったか下山して法華院温泉へ温泉 九州最高所の秘湯も制覇にやり
  

日帰り入浴 500円
貸切だったので失礼して
   

テントを撤収して下山したあと、祖母山の登山口をめざす!
途中で夕食を済ませるつもりが…休み、休み、休み!!! お食事処がない!!!
阿蘇山をぐるっと1周してやっとごはん。 赤牛&だご汁♪


お腹がいっぱいになったら祖母山北谷登山口の悪路へ突入
1台だけかもと思いながら、長いガタゴト道を抜けると駐車場が思いのほかいっぱいゆう★
満天の星空の下車中泊。3人なので伸び伸びです。不要な荷物はテントを建ててお外へ。

1月1日 祖母山へ
山頂で御来光、山中年越し、にはならなかったけどとっても良い天気
 

帰りは風穴コースを下る。この道は氷がたくさん
 

何より展望も良し顔文字


下山後は熊本市内のホテルが取れたので移動!
またも夕食遭難kyu 駅周辺休み、休み、満席、予約のみ、商店街へ移動→休み、休み…ぐぅ〜泣く
結局値段が読めないが豪華路線に変更。特産品をいただくゆう★
 

1月2日は観光&移動日
熊本城を散策、お土産を探しつつ霧島へ向けて南下


1月3日 霧島山(韓国岳)
えびの高原キャンプ村にお泊りしたので登山口はすぐ。
でも、ガスが濃くて真っ白、雨も雨、風までも
こんな天気きっと誰も来ないね〜Docomo_kao11 トランク開けにくいし横向きに適当に停めて…2時間だしまぁいいかヒナ
山頂でちゃっと写真を撮って、早々に下山開始


前から登山者が2名、少しして1名
登山開始時に2台ハザードをたいて減速した車を見たので、
『停まってた車の人達登って来たね』 しばらくして、
2名、2名…15名程の団体様…ゆう★車…
まだまだ6名程の団体様、2名1名…まだまだ
降りてみたら汗 最初にいい加減に停めた我車を基準に皆さん上手に停めてくれてました
さすがは百名山。どんな状況でもきちっと駐車しましょう。皆様失礼しましたぺこり


200円の赤いぬるぬるお湯の鶴丸温泉に入り、
さらに南下して志布志港へ
こちらは乗るのに入り乱れてて結構大変でした
  

フェリーの移動は楽ちん…味をしめたかもはてな
次は北を目指すはてなかもはてなちゅん

九州大遠征は無事完了!
今年はどこに行って、何をするのか、楽しみです顔
皆様、本年もどうぞ宜しくお願い致しますぺこり
web拍手
| 一般(積雪期) | 22:43 | comments(0) | - | asc |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER