エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
20190113 荒島岳で雪山デビュー

ガチむりんです。

もう言わなくてもいいかな?って思ってきました。

今回は岩の話ではないですよ。安心してください。はい。・・てる?

 

念願の雪山登山を福井の荒島岳でしてきました。

メンバーは大ベテランのともやんさん、SAMさん、初心者のガチです。

 

道の駅で前夜泊。着くと雪がほとんどなく、気温もそこまで低くないような?

山に雪はしっかりあるのか、気になりながら就寝。

 

起床して朝食後出発。登山口駐車場にはすでに多くの車があり、後続からもどんどん入ってきます。

準備して早速登ります。

 

先頭をともやんさんが行く。前にも後ろにも人がたくさんいます。想像していた雪山の状態と違っていた。

 

途中のリフト終点後に到着。暑さに耐えかねて半袖になりました。汗もたくさん。

SAMさんがそれを見て喜んでいました。外人のようだと。

多分雪山で半袖+モヒカン+髭+サングラスの出で立ちでいる人なんて後にも先にもASCでは僕くらいでしょう。

春、夏、秋も多量の汗に悩まされる私。

外人スペック(?)の体格と、多汗すぎるこの体、ぜひモ○ベルとかファ○ントラ○クとかに

試験体として提供したい。だれか知り合いいれば是非。笑

 

30分くらい歩くと、樹林帯、風がちょっと強くなって冷たい。さすがにうっすいソフトシェルを一枚きた。

斜面が出てきて雪もすごく柔らかい。ラッセルの練習をつぼ足ですることに。
足が簡単に埋もれる。こける、上半身からどーん。疲れるけど楽しい。変態。
へぇへぇしながら、いつの間にかシャクナゲ平に到着。景色が一変して、とても美しい!
ここから先は森林限界で風が強くなると説明を受け、ようやくハードシェルジャケットを着る。
ピッケル、オーバーグローブも出し、いざ向かう。さっきよりもだいぶ辛い。暑い。
ピッケルを杖代わりにして登る、登る。
風が全くなく、左右に見える雪景色、雪山雪山雪山。これが雪山の醍醐味かとしみじみ登る。
辛いのを超えたら山頂手前でひと休憩。視界にキレイな雪山さん。
最後の最後の急坂を登りきり、無事登頂!
山頂でガッシリ3人で握手!ありがとうございます!
山頂はやっぱり風が強かったので、早々に退散。一気にシャクナゲ平まで下ります。
下りは早い早い!スケートのように滑走していきます。これがめちゃくちゃ楽しい。
シャクナゲ平でビーコン、ゾンデの使い方、捜索方法、埋没体験を実施。
本当に雪崩で埋まることがないことを願いたい。
訓練も兼ねての雪山初登山はとても楽しく、無事に終了することができました。
ともやんさん、SAMさん、色々とありがとうございました!
web拍手
| 一般(積雪期) | 23:32 | comments(0) | - | ASC |
20190106 アイスクライミングデビュー

ガチむりんです。

 

もうASCのブログは僕しか書いてません。

「ということは=岩しかないじゃないか!」という読者のみなさん、こんばんは、こんにちは、おはようございます。

 

実は年始に色々と行きまくってはいたんですが、ブログに書いてないんです。
だってブログって面どkがkfじこあじ。あぁ〜これ以上言うと消されそう。
2017年の12月、入会したばかりだったので、雪山装備は準備ができなかったですが、
2018年12月は万全。でも雪がなく雪訓は中止。
それに先立って、アイスクライミングデビューしちゃいました。
参加メンバーは、ともやん、わっきー、TI、ガチ、イサさん。
シーズン始めでもある為、濁河温泉にあるはもずしエリア、通称橋の下へ。
雪山もやっていない私にとって、全てが未知の世界なのに、アイスから。
色々ありましたが、楽しくやってきました。
ともやん会長から色々と教わり、いざ登るが、離陸したあとから進まない。
アイゼンは縦走用で、あんまり鋭くなってない。ささらない。
思いっきり蹴ったら「ゴスッ」って音がして、破壊しそうな勢いだった。すみません。
アックス残置でフォールしたあげく、しょうがないからフリーで登る。等
まぁ色々アホでしたが、アイスってめちゃ楽しいですね!
ベテラン勢はさすがの一言。
わっきー、イサさんはリードしていましたが、あれしながらスクリューグリグリとかすごいなと。
途中でスクリュー借りて、TI君と一緒にグリグリ遊ぶ。
こっちのクライミングの経験もたくさん積まないといけないけど、あ〜〜〜どうしようと山の沼に入り始めました。
web拍手
| アイスクライミング | 22:11 | comments(0) | - | ASC |
2018/2019 年末年始のクライミング纏めてご報告!

ガチムリンです!

新年開けましておめでとうございます。と言っても遅いですが、

今年もよろしくお願いします。!

 

2019年もフリークライミングを中心にしつつ、登山も満遍なくやっていこうと思います。

今年は5.11台を登るのが目標です!

早速年末年始のクライミングをまとめてご報告。

毎度ですが、写真のリサイズがめんどくさいので縦横ずれます。

 

2018/12/29 白

ともやん会長、HIDAさん、元会員のYさんで2018年最後のクライミングへ!

HIDAさんは2018年最初で最後のクライミング。

私は一緒に登るの初めてで、HIDAさんが登るところを見るのも初めてです。

非常にキレイな動きをするので、ぜひ継続してクライミングしてもらいたいですね〜。

 

HIDAさんがやりやすそうなルートにトップロープを張りつつ、自分はリードで頑張りました。

私の成果は下の二つ。

まっ黒クロスケ 5.10a MOS

無名ルート 5.7? MOS

 

ともやんさんが隣のルートのトトロ5.11cをやっていたのでおさわり。

リードしてみましたが、やはりイレブン台は簡単に登らせてくれません。難しい…。

TRで観察してみると、上の方も中々手強い感じ。あと97回くらいやったらできる気がする。

最後にともやんさんがやっていた5.10cのルートをおさわり。

またもや1ピン手前で力尽きた。あと3手のガバで完登できしかもオンサイトグレードが上がる所だったのに、めたんこ悔しい結果で終わりました。

 

2019/1/3 

2019年、新年一発目のクライミング。

サッキー、BANを連れて再訪。

サッキーは無名ルート 5.7? をMOS。石灰岩が初めてながらも、やってくれました。おめでとう!

相変わらずキレイな動きで登っていくサッキー。

ともやんさん、サッキー、HIDAさん達は羨ましいくらいスタティックな動きができるので

自分もそんな動きができるようになりたい。

 

BANさんは今年二回目?の外岩。クライミング慣れしていない為やはり難しい感じ。

 

せっかくなのでTRで11台のルートをおさわりしてみた。やはり難しい。

途中まで⇩みたいな感じで登って諦めました。

10aのルートを色々おさわり。仙人掌は10aなのに、予想を超える難しさ。登れなかった。

私は女王様はルートがよくわからず、先のルートでフルパワーだったこともあり、ルート模索、ホールド模索で力尽きテンション。

上まで抜けたもののやっぱりよくわからないルート。

冬でも暖かいと評判のシラクラが珍しく曇りで風も通り寒かったです。

 

2019/1/4 瑞浪

サッキーと新年二発目のクライミング。

この日は僕がスラブを特訓したかったので、スラブメインで行きました。

 

昨年出来なかったロンパールームは、TRで二回連登し、どちらも

テンションなしで登れました。

そのあとは奥の方にある無名スラブ (三級とかそれくらい?)

サッキーはOS。 

私はASCに入会する前の2016年12月に、クライミングジムの講習会で初めて瑞浪に来て、TRでこの課題が全くうまく登れなかったですが、2年振りに決着をつけました。ASCに入って色々な岩場を経験した今、なぜこの課題にあれだけ苦労していたのかが不思議でたまらなかったですが、コツコツ登り続けたことでそう思えるようになったんだなと改めて実感しました。

 

サッキーはクラックを登りたいとのことだったので、有希子の初恋(10a)をTRする。

サッキーは二回連登。一回目は初めの出だしで何度もテンションしましたが、二回目のトライはノーテンで上まで行けました。

一見ハンドジャムでいけると思わせられるけど、実際パワーも必要な課題なので最後はヘロヘロに。

私はこの課題トップアウトできていなかったのですが、今回は力尽きてワンテンしましたが、トップアウト無事に出来ました。

 

最後の締めはウォーターシュート5.9のスラブ。

この課題は2018年2月くらいにリードでやろうとしたものの、疲れてしまって集中力がなく、1ピン目にヌンチャクをかける前に敗退した課題でした。

珍しくトップロープをしないでいきなりリードで挑戦した課題で、私がリードしようとした初めてのスラブです。

今回は1ピン目は問題なかったが、そこから上に上がらずA0。

2ピン、3ピンも掴んでしまいましたが、そこから上はキチンとトップアウト。

トップロープしたことがなかった為、長めのスラブと知らず、持って行ったヌンチャクが足りなくなるところでした。

その後TRで挑戦するとノーテンで行けたので、近々RPしようと思います。

web拍手
| フリークライミング | 21:25 | comments(0) | - | ASC |
20181223 鳳来 〜やっとサンバが踊れたよ!〜

お久しぶりです。ガチムリンです。

 

しばらくブログの投稿が空いてましたが、

一週間に二回くらいは山行にはちゃんと行ってますよ。

 

 

先日、ともやんさん、サッキーと一緒に鳳来のミルキータワーに行ってきました。

 

結論から書くと、鳳来でやっと5.10cのサンバという課題をRPできました。

写真は終了点手前でもぞもぞしているところです。

実は1ヶ月前に同じ所に来て、オンサイトトライで後残り1ピンでテンション。

10cをいきなりオンサイトする力はやはり無く、

ルートが長い為、核心部手前でどパンプする状態でした。

とにかくもったいないとしか言えないトライでした。

その日は、11a/bの課題も触ってみたら、テンションをかけまくった状態でしたが、上まで自力で抜けることはできました。

 

このことがどうしても頭から離れず、同時に「次来たら必ず落とせる」という思いが強かった為、再戦となりました。

 

今回の岩の状態はベストコンディションでなく、小雨が降っており、岩はちょっとヌメる感じでした。

そんな中でRPできたのは、このルートに対して「確実にRPする」の執着心と、

これまで瑞浪で山の大先輩である、ともやん会長とOBのHTNさんの二人による、

しごきにより手に入れた執着心と勝手に思ってます。ありがとうございます。

 

成長期らしいサッキはーというと、トップロープでサンバにトライ。

初めてにして終了点から2ピン目まで、ノーテンで行きました。ムーブもとてもキレイ。

 

岩が濡れているのもあって、持久力トレーニングとしてみんなでトップロープ主体で登りました。

でもやっぱり前回来た時にともやんさんがトライしていた11dの課題が気になりおさわり。

4ピン手前まだ行くけれど、5.11台は簡単には登らせてくれないです。

最後はみんなでサンバをヘトヘトになるまで登って終了。

 

これまでガンコ岩に行ってましたが、個人的にはミルキータワーがお気に入りの場所になりました。

鳳来の中ではグレードも低く、貸切状態で静かということもありますが、

一つ一つのルートが長く、クライミングした!という感じがより一層強いからです。

この岩にある全てのルートをいつか全てRPするのを当面の目標にして、トレーニングに励もうと思います。

 

2018年も終わりになってきてようやく、リードクライミングと岩に慣れてきたような気がします。

 

実は今年最後の山行が明日あるので、新たなRPを目指して、頑張ってこようと思います。

web拍手
| フリークライミング | 22:50 | comments(0) | - | ASC |
2018.9.16-17 小川山

また僕です。ガチムリン。

 

登山の投稿を楽しみにしている人には申し訳ございません。また岩の話です。

 

 

夏前に、ともやん会長から「レスキューやったらアルパインにつれてけるなぁ〜」

とお許しをいただき、九月の連休は錫杖岳へアルパインクライミングの予定でしたが、

生憎の雨・・・・。

せっかく三人いるんだし、エリアを変えたら行けんじゃね?と思い、天気予報をチェック

やっぱり行けたよこっち方面!そして小川山へ行くことに変更!

 

メンバーは、ともやん会長、久々登場わっきー、とガチムリン。

私は初めての小川山!!!

 

花崗岩にたいしては苦手意識が強く、登れるのか?と不安でしたが、ちゃんと登れました。

 

二日間の内、一日目はマラ岩周辺で登り、二日目はマルチピッチ、午後からストリームサイドエリアで登りました。

 

一日目はベニテングダケをわっきーが発見しクライミングよりはしゃいでいた。

わっきーは夜、このキノコをテイスティングした。

 

でもちゃんとわっきーは5.10d課題をRP

僕は5.10a課題を初めて外でマスターオンサイト。でも確実に10aの課題ではなかった。

 

二日目はセレクションというマルチピッチルートを登りに行くため6時に出発。

準備をして登り始めるころには後続が3パーティーくらいいた。

全6ピッチ中、前半3ピッチをわっきーが、後半3ピッチをともやん会長がリード

僕はずっとフォローでしたが、フォローで精いっぱい。リードはまだまだ早いと感じた。

工程としては:

,燭屬鸚こεに見ても一番短い(?)クラック

▲好薀

トラバースからのチムニー

ぅラックからのスラブ

ズ犬悒肇薀弌璽垢らのほふく前進

Εラック

 

2ピッチ目をリードするわっきー↓

 

イ里曚佞前進。

ここまでくる手前のトラバースは確保されていても振られたらすごい怖いと感じた。

 

色々ありましたが、10時くらいに終了点に無事たどり着きました。

その後初めての50mロープを一杯まで使った懸垂下降。楽しかった。

 

次にベースに戻り、ストリームサイドで何個か登り、5.11cの課題トップロープでみんなで登って、小川山を後にしました。

このエリアもグレードが甘いものが多かった。

 

途中変人になりましたが、連れて行ってくれたともやん会長、わっきー本当にありがとう!

 

 

web拍手
| フリークライミング | 12:40 | comments(0) | - | ASC |
20180909 御在所 前尾根

ご無沙汰しています。ガチムリンです。

 

先日9/9に今後のアルパイン山行に備えて、初めて前尾根に行ってきました。

正確に言えば、連れて行ってもらったのが正しいですが。

メンバーはともやん会長、ノリッコ、ガチムリン

 

天気は生憎の雨でしたが、岩場は貸切。

駐車場もほぼ車は止まってませんでした。

 

取り付まで歩いていると、藤内壁出合で雨がザーザーとどしゃ降りに・・・・。

 

ちょっとまったら止んだので、そのまま”ダーッ!!!”することに

 

ダー!しているともやん会長↓

 

完全濡れた岩でのクライミング+ザックを背負う。

初めてだったので、緊張しましたが、全行程特に大きな問題はなく、無事に登り切りました。

ただ、やっぱり怖い箇所はあって、A0してしまった箇所が1,2か所。

 

ダー!するノリッコ。周りはガスガス↓

 

 

 

次回はオールリードで登りたい。

 

web拍手
| フリークライミング | 12:38 | comments(0) | - | ASC |
2018/8/19 クライミングレスキュー IN 南山

ともやんです。

 

8月19日 南山でクライミングレスキューを行いました。

 

メンバーはハタノさん、ガチムリン、ノリさん、Isa、ともやん

 

まずは駐車場で背負い方の練習

1本背負いのように腰をいれて持ち上げる

 

補助してくれる人がいない時はたいへん・・・

 

 

 

いざ、男岩で実施訓練

担いでロワーダウン、懸垂をする。

 

 

新人も頑張るがまだまだ

 

 

 

引き上げは1/3、1/5、1/6をやった。

 

 

あずまやでお昼休憩。今日も暑いがここはコンクリートが冷たくて気持ちよい

いつもの下らない話に花が咲き長い休憩となった。

 

午後からは女岩で練習。中間テラスできって、2ピッチで下まで下ろした。

男岩よりも傾斜がつよいがその分背負っている人の体重をロープに預けられる。

 

 

最後に懸垂中の結び目の通過をやって終了

 

レスキューを使う時がないことを願うが、そのような時には確実にできるようにしておきたい。

 

 

web拍手
| アルパインクライミング | 00:16 | comments(0) | - | 管理人 |
快晴のジャンダルム

YUKIです! 

お盆後半戦?

ジャンダルム通り抜けに行ってきました。

 

仕事を終わらせて車をすっ飛ばし新穂高へ、0時過ぎまずまずのタイム

が、『満車』の文字。 本日17時で満車との事。

どう頑張っても勝ち目はない。 鍋平へ回される。

 

結局翌朝は遅くなり5時頃出発

 

川沿いから白出へ、無事に橋は架かっている

長い梯子も健在

下の川からずっと標高を上げてきましたが

先はまだまだ遠い

 

お昼前、穂高岳山荘のトイレ奥から無事到着

 

私の好きな前穂が

涸沢にもテントがたくさん

本日のご褒美は

外には太陽に輪っかの虹が

 

夕方には雲が出て雲海なりましたが、湧き上がる雲はなし

16:30頃ですが、この時間から白出や涸沢へ下って行かれる方がまだまだいました。

 

翌朝も快晴

視界がはっきりするのを待ってスタート

天気は申し分なし

 

あんな下りや

こんな登り

 

どの斜面を

どう降りて来たんでしょう?

 

西穂から先…特に独標から先はすごい人でした

通り抜けのご褒美は

 

小屋は大盛況

 

鍋平でもう一つご褒美

 

お疲れ様でした!

 

web拍手
| - | 22:27 | comments(0) | - | ASC |
お盆山行 日本海をめざして!

YUKIです!

 

お盆3泊4日で、YUKI&TSURUで栂海新道へ行ってきました。

本来は蓮華ー白馬ー雪倉ー朝日ー日本海

の予定でしたが…天候不安定

出発朝は雨…。 別ルートのS班と駐車場で相談。

悩んだ結果行くことにしけれど、悩んだ分出発が遅くなってしまった(+_+)

 

白馬大池に着いたのが12時過ぎ…白馬まで4時間強、休憩も入れるとタイムアウトである。

無理はしない。

今日は大池泊。白馬はショートカットに決定。 朝の雨はどこへやら。

S班とテン場でまったり

 

2日目

ゆっくりな我々は早めに出発。

実に怪しい御来光

早々にS班に追いつかれ、

颯爽と抜かれる

ちょっとは良い天気になるのかな? 一路雪倉へ

お花で有名な雪倉朝日。 道中たくさん!

 

 

 

 

 

 

 

このまま天気回復なるか? 朝日はまだかな?

 

3日目

朝日岳を超えて日本海をめざします。

朝からすごいガス…と思ったら、雨

陽が差し晴れるか?…

からの虹の…

雨… ひたすらこの繰り返し(T_T)

時期を間違えっちゃったのか水芭蕉がたくさん

あやめ平も見事

 

この後雷とゲリラ豪雨的な雨に遭遇。樹林帯で雷待機

写真を撮る余裕なし(-_-;)

雷をやり過ごし、栂海小屋へ転がり込む。

電波が入り雨雲の様子を確認。

第二陣の雷をやり過ごし、タイミングを見て白鳥小屋へ

アブと、激登りと、蒸し暑さと、雨とで、へとへとになりながら白鳥小屋へたどり着く

2Fを貸切状態にさせていただき、快適な1泊

(しかし、夜中私の腕に虫が止まった…そのあと怖くて全く寝られず)

 

最終日は、

電車&バスで蓮華に帰る関係で4時半頃出発

明るくなる頃には下界へ、8時半前には親不知観光ホテルへ

そして、栂海新道の起点の海まで無事到着

ホテルでお風呂をいただき、親不知の駅まで送っていただく。

蓮華温泉までのバスも快適でした!

 

糸魚川駅のお土産屋さんでこんなのを発見

 

いろいろありましたがお盆らしい楽しい山行になりました!

お疲れ様です!

 

 

 

 

web拍手
| - | 23:05 | comments(0) | - | ASC |
梅雨明けた〜!!

YUKIです!

 

毎年雨の多い海の日連休。

今回は女子4人でお出掛けです

 

天気はと言うと…

快晴! しかし暑い(>_<)

種池山荘に着く頃にはバテバテ

 

ここまで来てやっと見える、久々の鹿島槍どどーん!

一つ向こうの冷池山荘へ! テン場もいっぱい! 本日は100張を超えたそうです

翌日五竜を目指します!

こんな下りや

あんな登り

何だかんだで来てみたかった、八峰キレット小屋すごい所に建ってます

お花もたくさん咲いています!

 

暑さと闘いながら五竜岳への登り

越えると今日のお宿五竜山荘が見えます!

テン場は超満員! 我々の入口にはコマクサが

 

 

3日目唐松山頂付近はガスガス

でも、ガスのおかげでライチョウに遭遇。お食事中の男の子 と 砂浴び中の女の子

 

そして山頂で集合写真を撮っていたら・・・

う・さ・ぎ!!!!  兎いるんですね〜 とってもかわいかった

 

八方尾根の下山は暑さとの戦い

お花も人もいっぱい

 

リフトまで降りてきたらご褒美! ブルーベリーおいしかったです

リフトの乗継にはニッコウキスゲ畑も

 

暑かったけど楽しかった♪

web拍手
| - | 20:59 | comments(0) | - | ASC |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER