エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
☆懇親会☆

YUKIですおかお(幸せ)

 

労山の救助要員の懇親会に参加してきました

 

土曜日の夕方集合もまさかの土砂降り雨…大丈夫か日曜日目

 

夜は

お久しぶりの方も

初めましての方も

会議のような真面目な場ではよくお会いするもなかなか話せなかった方も

皆でビールちゅん

『そろそろ消灯ですよ〜』までしっかり懇親会しましたよちゅん

 

夜、白い物に変わってるー!と聞こえ…聞こえないふりをして就寝寝る

 

翌朝は晴れたもののびっくりするくらい寒い鼻水

日向小屋パパの話だと山頂は15cm積雪雪

小屋から見える木々も白いわ

 

でもやります!

 

今日の想定1

 

普段は登攀技術もレスキューも会内で高めがちなので

『その道具って…』

『なるほど…』

『うちの会だと…』

『そうするとこれだとどう…』

なかなか面白い

 

要救者を連れた懸垂一つでも、

『制動をそう増やすのか…』

『そういうセットも…』

 

 

他にも色々やったのですが、撮影の技術不足で残念賞_| ̄|○

 

自分はもちろん、仲間にもし何かあったら、

会が違っていても少しでも力になりたいと思っているメンバー達、そんな仲間が集まると嬉しいものです

 

今回集まれたメンバーは、全体からすると少し寂しい人数になってしまいましたが、

次回はもう少し人数が増えるといいなちゅん

 

例年の救助訓練とは別で、新たにこの大きな企画を動かし準備してくださったD会のHさん

楽しかったといってしまうといけないような気がしますが…色んな意味でとても有意義な時間でした

 

ありがとうございましたちゅん

 

 

非常時の為に技術連携等々高めていきたいですが…招集がかからない事を一番に願っています!kyu

春ですね!

さてどこの山に行きましょうか♪

web拍手
| 一般 | 23:22 | comments(0) | - | ASC |
20180401 宇連山・棚山

おはようございます。こんにちは、こんばんは。

ガチムリンです。
ガチムリン=岩登りの公式が成り立ちつつありますが、会に入会してやっと登山に行きました。
恥ずかしながら、登山未経験の私でしたが、偉大な先輩方のサポートのおかげで計画通り無事に登ることができました。
参加メンバーはSAMさん、YUKIさん、Tsuruさん、HIDAさん、Mさん、Matsuさんです。
こんな道を歩き、
途中のケルンで遊んだり、水たまりに帰るの卵を発見し、ワイワしながらあるきました。
お花見山行の予定でしたが、山に入ると悲しいかな、間近で観れたのはこの花のみ
今回、地形図を使っての現在地の把握、分岐の見極めも教えていただきました。
登山の大先輩がたくさんいると、怪しい分岐も速攻で解決します。
計画した道から逸れてちょっと寄り道。
岩の上から集落が見えます。脇には垂直の壁。岩登り野郎のガチの心に響きますね。
途中の三角点からの眺めも最高でした。
無事に二つの山の山頂を制覇し、お楽しみの昼休憩
じゃーん! 
お花見山行ということで、先輩方がとても粋な計らいをしてくださり、
とっても豪華な昼休憩となりました。
山でいただくとさらに格別ですね!
まったりした後は、約1時間ほどで下山。無事に山行終了です。
今回、初心者の私に合わせて色々と考えてくださった先輩方に感謝です。
大変有意義な山行を経験することができました!
web拍手
| 一般 | 23:16 | comments(0) | - | ASC |
2018/03/25 犬山 伊木山

ともやんです。

 

25日、犬山の伊木山にクライミングに行ってきました。

メンバーはともやん、ガッチ

現地でH野さん、百Tさんとも合流し4人で登りました。

 

 

2ピッチのマルチルートでリード&フォロ、懸垂下降の練習をする。

 

 

 

お花見もできた

 

リードするガッチ

 

 

懸垂下降の練習も

 

 

 

 

web拍手
| フリークライミング | 07:28 | comments(0) | - | ASC |
2018/03/24〜25 香落渓の岩場

SUZUです。

 

土日で香落渓の岩場に行って来ました。メンバーはSUZU、ISA、TIです。

 

土曜日はサニーサイド、日曜日は屏風岩で登り倒しました。

 

僕は日曜日の屏風岩で「なにわ筋(5.11c)」をRPすることが出来ました。このルートは誰もが絶賛する名張の中でも傑作ルートだと思います。30mのルートの中に余すことなく核心があり、ルート全部が核心で構成されているなんとも凄いクラックです。そして、これも誰もが口を揃えて言います、「モスラパワー(5.11c)より難しい!」と。僕の体感では11c以上欲しいところです。最大の核心部分はリーチが必要で身長が低い僕にとってはとても難しく更にプロテクションがボールナッツなので本当に怖い思いをしながら登りました。

 

久し振りに出しきったクライミングをしたと思います。あぁ、登れて良かった。

 

なにわ筋(5.11c) 出だしからボルダームーブ。終了点まで気が抜けないクライミングだった。

 

何度もフォールを止めてくれたカム達。

 

TIくん、追記あればよろしく。

web拍手
| フリークライミング | 22:15 | comments(0) | - | ASC |
3/10 恵那

連続投稿 noriです

3月10日 笠置山へ ボルダリングに 行ってきました

毎週 外の お山へ クライミングに 行けて しあわせ(*´▽`*)

 

 

みなさん いつもありがとうございますm(__)m

 

おにゅうの ボルダリンマット持って またまた 技術向上の為 トレーニングへ

今回の メンバーは ガチ ガチの お友達 HTNさん と 私の4人

 

岩場について 先ずは

笠置山のボルダリンエリアの 綺麗さに ビックリ!

そして、岩の ひとつひとつが とても 大きい

 

先ずは 日当たりの良い岩から 登り始めたんだけど

もういっぱいありすぎて 何が何か よくわからない(-_-;)

 

一日 岩にへばりついてきました(笑)

疲れたけど超トレーニングな 笠置山でした

 

 

そのうち スマホで撮った写真を のっけれるように したいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

web拍手
| - | 03:00 | comments(0) | - | ASC |
3/3 鳳来パラダイスロック

初投稿します。noriです

あ〜ここまでが長かった。というのも 私は アナログ人間。スマホは使えるが パソコンに関しては 今まで触らずとも 仕事に何ら支障もなくすごしてきたから めちゃくちゃ苦手。

投稿に関して頭痛がしたほど(笑)先ずは ログインできんじゃん!

と一人キレル。。

なんとか ログイン方法もおしえてもらって

明日は雨 春分の日で仕事も お休みなので チャレンジしてみてます

 

少し前にはなりますが 鳳来パラダイスロックにフリークライミングに行って来ました。

 

メンバーは ともやん会長 ガチ HTNさん そして私の4人

ともやん会長以外の3人は パラダイスロックは初めて

鳳来では 冬の寒い時期に1番日当たりが良いと いうことで ここに決定

 

岩場にたどり着くまでに すでに 私とガチは へろへろ(笑)

 

 

 

先ずは 課題の中で1番簡単な(・・? 5.10bの ジャストミートで w−UP

(いや、もう私にとっては 超チャレンジ)

 

落ちる〜 言いながらも HTNさんが リードでオンサイト

 

次いで ともやん会長もスルスル〜と難なくクリア

 

私、TRでチャレンジするも途中敗退...orz  前腕パンパン

 

その後、がんばれタイガース5.10dに挑戦

 

ともやん会長 HTNさん またまた 落ちる〜 言いながら Topまで スルスルと.......

 

ガチも 頑張って登り切る中

 

私はというと、魔法の力を借りて なんとか 上まで たどり着くという....... ヨレヨレ orz

 

 

BUT 登れなくても 超楽しい クライミングな 一日になりました

 

その後もいくつか 腕パンプさせながら トレーニング

 

帰りは 仲良く焼肉定食で エネルギー補充

 

そんな 鳳来の一日でした。

 

 

次 来るときは もうちょっと マシになってたいな〜と

トレーニングに 励みたいと 思います。

 

 

 

追記

 

先日 17日18日 私 noriは 

HTNさん 他メンバー2人と 再鳳来

ジャストミート リードでRPしてきました( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

web拍手
| - | 02:15 | comments(0) | - | ASC |
2018/2/25 瑞浪

長いこと書き込んでませんが、ちょこちょこクライミングにはいっているガチムリンです。
でも岩の報告ばっかりで最近飽きてきた読者の皆様、また会いましたね。

 

岩の投稿しかしていないので念のためですが、会員各々、雪山、アイスクライミング、山スキーと冬を存分に楽しんでいます。

 

実は2/18に鳳来に行きましたが、寒すぎて特にこれということは無かった為割愛し、いきなり25日のことを記載します。

 

タイトル通り先日瑞浪に行ってきました。

メンバーはともやん会長、Nori、ガチ、HTNさん、HYTさんです。

個人的な記録ですが、前回瑞浪に行った際に、ロンパールームが全く登れませんでしたが、今回はTRですがノーテンで登り切ることができました。
スラブは一本やっただけで、足が小鹿の様に震えてしまいます。
どうやったらこの小鹿現象を無くすor軽減できるか分かりません。
そこはヤホーの知恵袋か教えてエ○い人とでも言っておけばよいでしょうか。

なぜか計画を立てた本人が「めっちゃ眠い、だるい、小鹿状態で且つヨレテいる」という情けない状況であったものの、一応下記の全てのルートはトライしてきました。
リードに関しては挑戦してみたものの、疲れてしまっていたこともありマントル時に集中出来ず、

落ちた場合はともやん会長もろとも危険な状態になる可能性が高い為、無理はせず、また次回に挑戦としました。


当日登ったルート(TO、RP等の記録は割愛します。)

ロンパールーム: L:HTN、TR:ガチ、HYT
エースをねらえ: TR: ともやん、Nori、HTN、HYT
カイン&アベル: L:HYT、ともやん、HTN、TR:Nori、ガチ
ハッピークラック:L:ともやん、TR:ガチ、Nori、HTN
アタックNo.1:全員TR
ゾンビフレーク:全員TR
ウォーターシュート:L:ともやん、Nori、ガチ、HTN、HYT

 

 

Noriはウォーターシュートでリードするも、1ピン目でロープをつかんでしまい惜しくもフラッシュを逃しました。
次回はRPできると良いですね。

私はロンパールームがリードできるようにならないと、瑞浪でのリードは難しい…

 

そろそろボルダー欲が出てきたので、気分転換にボルダーに行こうと思います。

web拍手
| フリークライミング | 12:19 | comments(0) | - | ASC |
2018/2/4 瑞浪

どうも、ガチムリンです。

とても寒い日が続く中ですが、先日、Nori、サッキー、Hさん(グリズリー)で瑞浪に行ってきました。
どうしても19時に名古屋に帰らなければならない為、下山を早める代わりに、瑞浪に集合は7時。
そこから16時半までガッツリ登ってきました。
入山はもちろん我々が一番乗り!
ただし、車の外気温計曰く-4度らしい。予報では午後から雪マーク、最高気温は4度。
そんな感じの天気でしたが、寒い、冷たいと口にしつつも、以下計7本登ることができました。

1.トポに未記載のスラブの正面(写真)

 

 

2.あ〜らよ(写真)

 

3.エクササイズ

4.トポに未記載のスラブの左側

 

5.余裕のよっちゃん(写真:横方向ですみません)

 

6.有希子の初恋(写真:横方向ですみません)

 

7.思いやり

Hさんはスラブ、フェイスの課題はリードで登り、難なくクリア。さすがの登りでした。

クラックについては、トップロープでしたが、こちらも難なくクリアです。

我々3人はすべてトップロープでの挑戦です。

 

サッキーは12月以来のクライミング。

スラブはすんなり登っていきます。クラックでは「登ってないからすぐに疲れてしまう」と言いながらも、登れるまで粘り、終了点まで到達。

Noriは、手首を痛めており、登れる範囲でと言っていましたが、結局すべての課題を触り、7本中6本はトップアウト。
最後の最後で手の甲を痛め1日を終えることとなりました。
各々、次のクライミングへのモチベーションをアップできた1日になったかなと感じました。
以下、個人的な感想になります。
前回瑞浪に来た際は、ボコスコにやられて、1つもトップアウトさえさせてもらえない状態でした。
今回は諦めずにトップまで登りきることができました。
2016年に初めて瑞浪に来た際に登った"あ〜らよ"は、まだクラックの登り方も知らなかった為、すべてレイバックで登ろうとして、中腹で敗退してましたが、今回はハンド、フィスト、アーム、フットを効かせながら上までいくことができました。
あれから比べれば、少しは成長したのだろうかと2.5mmくらい一瞬思うことができました。
締めにやった"思いやり"はちょっとかぶったクラックで、最初の出だしから2手目くらいでしょうか?(写真の部分です。)
で詰まってしまい、何度やってもあがることができませんでした。
いつも以上に足と体幹がヨレており、踏ん張りが効かない、足もあげることさえままならない状態でした。
絶対に上まで行ってやる!と思い、おそらく30分くらいずっと壁に張り付いていたと思います。
ビレイをしてくれているHさん、ずっと見守るNori、サッキーが色々アドバイスをくれるのですが、
頭では理解していても、体がもう全く動かない状態でした。
「これ以上動かんわ・・・無理・・・」の状態でしたが、”くそったれがー!”という思いが強く、馬鹿みたいに奇声を上げながら登っていました。
そんなとても汚い登り方で、とりあえず終了点まで行くことができました。
当たり前ですが、瑞浪でリードをするのは遠い先の話です。
まずはトップロープでノーテンでトップアウトできるようになりたいと思います。
web拍手
| フリークライミング | 23:59 | comments(0) | - | ASC |
2018/1/6-7 湯河原幕岩

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします!

とあいさつはこれくらいにしておいて、先週の話になってしまいますが、2018年一発目のクライミングに行ってきました。

2日間の為、今回は長くなるのと同時に僕の主観目線で進めます。

※追記等ありましたらともやんさん、Noriさん追記願います。

 

人生初の泊まりのクライミング、冬のテントとシュラフ。

また他の山岳会の方と二日間ともに行動し、たくさん語り、笑いあり、登りまくった2日間でした。

二日を通して大先輩方にたくさん指導いただいた大変貴重な2日間でもありました。

 

ASCメンバーはともやんさん、Nori、私ガチムリン。山岳同人グリズリーからは元ASCのHさん含め3名

今回は前夜出発して、朝の3時半にテン場に到着。寒さと格闘しつつテントを張り、速やかに就寝。

初のテントで寝袋...恥ずかしながらこの日のために人生で初めてのシュラフを購入しました。

あまりしっかり寝られませんでしたが、空腹でしっかり目覚め、朝からラーメンを食べました。

登る準備はバッチリで朝8時頃に幕岩公園に到着。すでに駐車場は賑わっていました。

 

1日目:

僕が登った課題は以下の9本です。いきなりリードは不安があった為5.10のルートではリードはしませんでした。

2日目は絶対にリードをしたかったので、まずは初日の最後に簡単な課題でリード練習としました。

事前情報で、湯河原の終了点で結び替えが必要とあり、この日リードしたルートでも結び替えが出てきました。

初めて結び替えの実践と成りましたが、ともやんさんが終了点まで登って来てくださり、指導を受けながら無事結び替えをすることができました。

寝不足であったものの、思ったよりも多く課題にトライすることができました。

マコロランドで登っている時、近くで墜落事故が起き、レスキュー隊が来て救急活動を行っていました。

すぐそばの岩場で事故が起きた為、一時は登ることを皆止めて、救助がうまくいくことを願って遠くから見つめていました。

自らに起こってもおかしくない出来事でもあるので、身の引き締まる思いでした。

 

アボリジニをリードするともやんさん↓

<桃源郷> 1: サンセット (5.10a)、2: アボリジニ(5.10a)、3: 夕飯時(5.10b)

<マコロンランド> 4: シャワーコロン(5.10a) 、5: ニューアライ(5.10a)、6: アリババ(5.10b)、7: アン(5.10a/b)

<桃源郷> 8: おたまじゃくし (5.6)  MOS、9: とけいワニ(5.10c)

 

登った後はみんなで温泉へ。その後はお待ちかねの夕飯!

テントで初めて食べるご飯は鍋でした。キムチ鍋と、海鮮鍋の2種類。とにかく最高でした。

普段じっくり聞くことができない山の話をたくさんしてもらい、今年は色々と挑戦してみようかなと思いました。

もっと話したかったですが、翌日もあり、眠気も襲ってきた為早めに就寝、といっても0時くらいに就寝でした。

 

2日目:

<桃源郷> 1: いんちきするな(5.8) FL、2: 夕暮れ時(5.10b) TO

<希望峰> 3:帰還兵(5.10c) 

<マコロランド> 4:クリスマスローズ(5.10b) TR

<大滝フェイス> 5:馬返し(5.9) フォローで登る

<途中の岩場> 6: 悟空スラブ (5.7) 100mのスラブで4ピッチ MOS

 

1日目が結構多くの人がいたこともあった為、早めに登りに行こうとなり、朝6時に起床7時半頃に岩場へ。

他のクライマーの人曰く、下の駐車場まですべて埋まっていてとにかく人が多いとのこと。

この日はすべてリードで登ると決めていましたが、最終的によれてしまい、2課題はトップロープで登りました。

また山の大先輩Hさんにずっとビレイをしていただき、色々と指導もいただきました。

 

いんちきするなではNoriがこの日リードデビューで無事にRP。(TRで一度登った為)

次はMOS〜支点構築、回収まで含めてできるといいですね。

 

私は4本目にトライする時にはすでに体がよれてしまい、トップロープでTOも出来ませんでした。

疲労のせいのパンプもあるかもしれませんが、足をうまく上に上げていくことができていないのが敗因だとはっきりわかりました。

この課題を登った後、Hさんが「マルチピッチで上に登ってすごく景色がいい所があるから行こう」となり、Hさんの記憶を頼りに岩場へ向かう。

そこだと思われる場所を登りましたが、どうやら場所違い。せっかくなので、フォローで登り、下へ戻りました。

トポで確認後、目指していたのは悟空スラブだと発覚。

さっそく向かいますが、取り付きまでのアプローチですでにガチでぜぇぜぇの私でした。

取り付きについてぜぇぜぇの私に見えたのは、Hさんがすでにビレイの準備をして私を待っていたこと。

「…あ、どうしよう、マルチ実践初めてのリードやったことないわ。フォローのビレイとピッチ終わったらやることって…?」

と疲れと眠気と空腹がピークだった私は本で覚えた知識を辿りますが、不安だった為一から教えていただくことに。

 

ともやんさん&Noriパーティー、私&Hさんのパーティーに分かれて登りました。

1、2ピッチ目は軽く手で支えながら歩くだけ。3ピッチ目がようやくクライミングとなり、4ピッチ目でやっと5.7位になった感じでした。

ヨレていた私には丁度いい締めになりました。

自身の課題だった支点の構築、ロープの巻き上げ、フォローのビレイはとりあえず一通りできました。

何度かやって早く正確にできるようにしていきたいと思います。

最終点からは相模湾と湯河原の街並みが見えました。天気も最高でした。

 

終了点で皆揃って記念に一枚

 

相模湾と街並み、この日は空もとても青く、最高な眺めでした。

結局、15時下山予定の所を17:30頃に下山となりました。

両日ともに朝から真っ暗になるまでしっかり登り、文字通りのクライミング三昧となりました。

 

一緒に登っていただいたともやんさん、Noriさん、グリズリーのみなさん、ありがとうございました。

web拍手
| フリークライミング | 22:05 | comments(0) | - | ASC |
今回も視界ゼロ・・・。

あけましておめでとうございます正月

YUKIですおかお(幸せ)

 

今年の年越しは燕山荘に行ってきました♪

もちろん小屋泊まりです

 

ニュースと地域が違うのか林道の雪は少な目

冬季封鎖の13kmの間、車車2台も抜かれたゆう★

中房温泉にお泊り
今回はお風呂もいただく

扉は…凍ってるガーン

 

 

ごはんは豪華き

 

翌日天気はまずまず? 富士山もくっきり

 

…が、合戦の頭の後雲行きが、雪と風がだんだん強くなり

 

小屋直下では真っ白

 

小屋到着は…大荒れ

 

しかし今日は小屋泊なのですちゅん あったかストーブ

 

年越しそばとお神酒、デザート付ハート

 

年越しまではしっかり追加 おいしいわいん

 

朝ご飯はお雑煮とお節正月

 

下山日もあいにくのお天気

この天気の中稜線でテントを張ってる方々がいらっしゃいました0口0

担ぎ上げるだけでも大変

 

 

1日は餅つき

そのあとも鰤奉納、等々イベントが続く。

いつかはゆっくり連泊をしてみたい。

 

 

あっ!

小屋入口横に大きな雪像が!

今年の干支のワンちゃん犬だそうですよ〜

 

それでは

今年もよろしくお願いしますちゅん

web拍手
| 一般(積雪期) | 19:57 | comments(0) | - | ASC |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER