エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
2019.9.16-17 小川山

また僕です。ガチムリン。

 

登山の投稿を楽しみにしている人には申し訳ございません。また岩の話です。

 

 

夏前に、ともやん会長から「レスキューやったらアルパインにつれてけるなぁ〜」

とお許しをいただき、九月の連休は錫杖岳へアルパインクライミングの予定でしたが、

生憎の雨・・・・。

せっかく三人いるんだし、エリアを変えたら行けんじゃね?と思い、天気予報をチェック

やっぱり行けたよこっち方面!そして小川山へ行くことに変更!

 

メンバーは、ともやん会長、久々登場わっきー、とガチムリン。

私は初めての小川山!!!

 

花崗岩にたいしては苦手意識が強く、登れるのか?と不安でしたが、ちゃんと登れました。

 

二日間の内、一日目はマラ岩周辺で登り、二日目はマルチピッチ、午後からストリームサイドエリアで登りました。

 

一日目はベニテングダケをわっきーが発見しクライミングよりはしゃいでいた。

わっきーは夜、このキノコをテイスティングした。

 

でもちゃんとわっきーは5.10d課題をRP

僕は5.10a課題を初めて外でマスターオンサイト。でも確実に10aの課題ではなかった。

 

二日目はセレクションというマルチピッチルートを登りに行くため6時に出発。

準備をして登り始めるころには後続が3パーティーくらいいた。

全6ピッチ中、前半3ピッチをわっきーが、後半3ピッチをともやん会長がリード

僕はずっとフォローでしたが、フォローで精いっぱい。リードはまだまだ早いと感じた。

工程としては:

,燭屬鸚こεに見ても一番短い(?)クラック

▲好薀

トラバースからのチムニー

ぅラックからのスラブ

ズ犬悒肇薀弌璽垢らのほふく前進

Εラック

 

2ピッチ目をリードするわっきー↓

 

イ里曚佞前進。

ここまでくる手前のトラバースは確保されていても振られたらすごい怖いと感じた。

 

色々ありましたが、10時くらいに終了点に無事たどり着きました。

その後初めての50mロープを一杯まで使った懸垂下降。楽しかった。

 

次にベースに戻り、ストリームサイドで何個か登り、5.11cの課題トップロープでみんなで登って、小川山を後にしました。

このエリアもグレードが甘いものが多かった。

 

途中変人になりましたが、連れて行ってくれたともやん会長、わっきー本当にありがとう!

 

 

web拍手
| フリークライミング | 12:40 | comments(0) | - | ASC |
20180909 御在所 前尾根

ご無沙汰しています。ガチムリンです。

 

先日9/9に今後のアルパイン山行に備えて、初めて前尾根に行ってきました。

正確に言えば、連れて行ってもらったのが正しいですが。

メンバーはともやん会長、ノリッコ、ガチムリン

 

天気は生憎の雨でしたが、岩場は貸切。

駐車場もほぼ車は止まってませんでした。

 

取り付まで歩いていると、藤内壁出合で雨がザーザーとどしゃ降りに・・・・。

 

ちょっとまったら止んだので、そのまま”ダーッ!!!”することに

 

ダー!しているともやん会長↓

 

完全濡れた岩でのクライミング+ザックを背負う。

初めてだったので、緊張しましたが、全行程特に大きな問題はなく、無事に登り切りました。

ただ、やっぱり怖い箇所はあって、A0してしまった箇所が1,2か所。

 

ダー!するノリッコ。周りはガスガス↓

 

 

 

次回はオールリードで登りたい。

 

web拍手
| フリークライミング | 12:38 | comments(0) | - | ASC |
2018/8/19 クライミングレスキュー IN 南山

ともやんです。

 

8月19日 南山でクライミングレスキューを行いました。

 

メンバーはハタノさん、ガチムリン、ノリさん、Isa、ともやん

 

まずは駐車場で背負い方の練習

1本背負いのように腰をいれて持ち上げる

 

補助してくれる人がいない時はたいへん・・・

 

 

 

いざ、男岩で実施訓練

担いでロワーダウン、懸垂をする。

 

 

新人も頑張るがまだまだ

 

 

 

引き上げは1/3、1/5、1/6をやった。

 

 

あずまやでお昼休憩。今日も暑いがここはコンクリートが冷たくて気持ちよい

いつもの下らない話に花が咲き長い休憩となった。

 

午後からは女岩で練習。中間テラスできって、2ピッチで下まで下ろした。

男岩よりも傾斜がつよいがその分背負っている人の体重をロープに預けられる。

 

 

最後に懸垂中の結び目の通過をやって終了

 

レスキューを使う時がないことを願うが、そのような時には確実にできるようにしておきたい。

 

 

web拍手
| アルパインクライミング | 00:16 | comments(0) | - | 管理人 |
快晴のジャンダルム

YUKIです! 

お盆後半戦?

ジャンダルム通り抜けに行ってきました。

 

仕事を終わらせて車をすっ飛ばし新穂高へ、0時過ぎまずまずのタイム

が、『満車』の文字。 本日17時で満車との事。

どう頑張っても勝ち目はない。 鍋平へ回される。

 

結局翌朝は遅くなり5時頃出発

 

川沿いから白出へ、無事に橋は架かっている

長い梯子も健在

下の川からずっと標高を上げてきましたが

先はまだまだ遠い

 

お昼前、穂高岳山荘のトイレ奥から無事到着

 

私の好きな前穂が

涸沢にもテントがたくさん

本日のご褒美は

外には太陽に輪っかの虹が

 

夕方には雲が出て雲海なりましたが、湧き上がる雲はなし

16:30頃ですが、この時間から白出や涸沢へ下って行かれる方がまだまだいました。

 

翌朝も快晴

視界がはっきりするのを待ってスタート

天気は申し分なし

 

あんな下りや

こんな登り

 

どの斜面を

どう降りて来たんでしょう?

 

西穂から先…特に独標から先はすごい人でした

通り抜けのご褒美は

 

小屋は大盛況

 

鍋平でもう一つご褒美

 

お疲れ様でした!

 

web拍手
| - | 22:27 | comments(0) | - | ASC |
お盆山行 日本海をめざして!

YUKIです!

 

お盆3泊4日で、YUKI&TSURUで栂海新道へ行ってきました。

本来は蓮華ー白馬ー雪倉ー朝日ー日本海

の予定でしたが…天候不安定

出発朝は雨…。 別ルートのS班と駐車場で相談。

悩んだ結果行くことにしけれど、悩んだ分出発が遅くなってしまった(+_+)

 

白馬大池に着いたのが12時過ぎ…白馬まで4時間強、休憩も入れるとタイムアウトである。

無理はしない。

今日は大池泊。白馬はショートカットに決定。 朝の雨はどこへやら。

S班とテン場でまったり

 

2日目

ゆっくりな我々は早めに出発。

実に怪しい御来光

早々にS班に追いつかれ、

颯爽と抜かれる

ちょっとは良い天気になるのかな? 一路雪倉へ

お花で有名な雪倉朝日。 道中たくさん!

 

 

 

 

 

 

 

このまま天気回復なるか? 朝日はまだかな?

 

3日目

朝日岳を超えて日本海をめざします。

朝からすごいガス…と思ったら、雨

陽が差し晴れるか?…

からの虹の…

雨… ひたすらこの繰り返し(T_T)

時期を間違えっちゃったのか水芭蕉がたくさん

あやめ平も見事

 

この後雷とゲリラ豪雨的な雨に遭遇。樹林帯で雷待機

写真を撮る余裕なし(-_-;)

雷をやり過ごし、栂海小屋へ転がり込む。

電波が入り雨雲の様子を確認。

第二陣の雷をやり過ごし、タイミングを見て白鳥小屋へ

アブと、激登りと、蒸し暑さと、雨とで、へとへとになりながら白鳥小屋へたどり着く

2Fを貸切状態にさせていただき、快適な1泊

(しかし、夜中私の腕に虫が止まった…そのあと怖くて全く寝られず)

 

最終日は、

電車&バスで蓮華に帰る関係で4時半頃出発

明るくなる頃には下界へ、8時半前には親不知観光ホテルへ

そして、栂海新道の起点の海まで無事到着

ホテルでお風呂をいただき、親不知の駅まで送っていただく。

蓮華温泉までのバスも快適でした!

 

糸魚川駅のお土産屋さんでこんなのを発見

 

いろいろありましたがお盆らしい楽しい山行になりました!

お疲れ様です!

 

 

 

 

web拍手
| - | 23:05 | comments(0) | - | ASC |
梅雨明けた〜!!

YUKIです!

 

毎年雨の多い海の日連休。

今回は女子4人でお出掛けです

 

天気はと言うと…

快晴! しかし暑い(>_<)

種池山荘に着く頃にはバテバテ

 

ここまで来てやっと見える、久々の鹿島槍どどーん!

一つ向こうの冷池山荘へ! テン場もいっぱい! 本日は100張を超えたそうです

翌日五竜を目指します!

こんな下りや

あんな登り

何だかんだで来てみたかった、八峰キレット小屋すごい所に建ってます

お花もたくさん咲いています!

 

暑さと闘いながら五竜岳への登り

越えると今日のお宿五竜山荘が見えます!

テン場は超満員! 我々の入口にはコマクサが

 

 

3日目唐松山頂付近はガスガス

でも、ガスのおかげでライチョウに遭遇。お食事中の男の子 と 砂浴び中の女の子

 

そして山頂で集合写真を撮っていたら・・・

う・さ・ぎ!!!!  兎いるんですね〜 とってもかわいかった

 

八方尾根の下山は暑さとの戦い

お花も人もいっぱい

 

リフトまで降りてきたらご褒美! ブルーベリーおいしかったです

リフトの乗継にはニッコウキスゲ畑も

 

暑かったけど楽しかった♪

web拍手
| - | 20:59 | comments(0) | - | ASC |
透明度抜群! 大杉谷

YUKIですおかお(幸せ)

 

天気とにらめっこ雨が続く

 

今回は珍しく電車です! 

思っていた以上に人が降りる汗

ここで降りる行き先は…皆同じです

マイクロバスバスバス2台満席でした

 

しか~し!! 登山口にはツアーバスがさらに4台+自家用車多数ゆう★

 

ダムでガヤガヤ準備しながら出発

心配した雨も明け方までに通り過ぎてくれて予想以上の快晴晴れ

川もきらきらき

緑もまぶしいハート

渓谷をどんどん進みます

 

そうこうしている間に、ツアーの団体様に次々追いつきました

滝もたくさん! 迫力が写真では伝わらないゆう★ 音とかしぶきとか

 

そうこうしている間に…奥に見えるのが

今日のお宿です!

何だかんだと結局1番乗りに近いくらいに到着

ここはお風呂がいただけます!

なんと1番風呂!

夕食も1回戦目。

 

2日目

皆の出発の早い事ビックリ 靴があと数個しかない

さて、現在地を確認…

目ビックリ 今日はかなり登りますね…頑張らねばkyu

今日もこんな道 滝もたくさん

 

透明度も抜群き

急に川の流れがなくなる不思議ゾーンを通過。 あの奥までは流れが来ているのにここの区間だけ下にもぐっている様子ムスっ

この滝を見ると沢区間は終了。堂倉滝に出たら登山開始です

 

 

山区間は花がいっぱい

 

シャクナゲもたくさん咲いていました

 

6時過ぎに小屋を出て、12時に大台ケ原に到着

『14時半のバスには早かったかな~』

と話していたけど、みるみるガスに包まれ駐車場の車も見えないくらい

 

余裕を持った行動はやっぱり大切ですね

 

海もしっかり見えました

 

たまには電車で移動も楽しいものです電車

 

お疲れ様でしたちゅん

 

 

 

 

 

 

web拍手
| 一般 | 21:41 | comments(0) | - | ASC |
見どころいっぱい!残雪の尾瀬

YUKIですおかお(幸せ)

 

久々にカメラたくさん撮りました!

写真矢印上矢印上で行きます。

 

GW後半は…

に行ってきました。

 

7時間かけて移動車 人気で心配するも駐車場はガラガラ

 

GW前・後半必ずどちらか崩れる雲

今年は前半晴れだったので…

至仏山に登る間は展望無しkyu いったいどこが尾瀬なのでしょう?

山頂を下り始めて3分程…雪がなくなる

我々の重装備はいったい

眼下に尾瀬らしきものが

樹林を抜けると至仏山荘♪

一休憩している間に青空が! 散策に出ると

 

登ってきた至仏山

ホントは目の前に見えていた燧ケ岳

木道の周りには水芭蕉き

あれ全部に花が咲くんですね~ 最盛期はお花畑

 

翌日は燧ケ岳に向けて出発

水芭蕉群生地を通過 たくさん咲いてます

 

 

至仏山と違ってなかなか手ごわい燧ケ岳

8合目あたりで青空がのぞく

山頂直下では 尾瀬と至仏山が

 

横を見ると

尾瀬沼きれいに見えています

なんて浮かれていると山頂直下は急斜面でちょっとドキドキ

尾瀬沼の畔。尾瀬で一番古い長蔵小屋に到着

趣のある小屋

部屋の扉は障子目 大きな声で話せません×

 

ごはんは何とフォークとナイフが登場ちゅん

最終日には湖面に逆燧ケ岳ハート

天気はあられに雨に少し微妙でしたが、十分に楽しみました!

 

お疲れ様でした!顔文字

 

 

 

web拍手
| 一般(積雪期) | 21:29 | comments(0) | - | ASC |
2018/4/29 見学山行@南沢・横川山

ビギナー登山者 ガチむりんです。

 

ゴールデンウィークの前半2日目、4/29にSAMさん、見学者の方1名と南沢、横川山に行ってきました。

360度大パノラマが迎えてくれる山でした!

 

前回行った大川入山とちょうど反対側に位置するところにあります。

なので前回同様の看板、阿智セブンサミッツの看板が。

駐車場は我々がつく頃には満杯、ちょっと離れたところに置いて、登山口へ
大川入山と違い道がほとんど平坦で、アプダウンもありましたが、そこまできつくなく、
見学山行としてはちょうどよく、初心者の私にも登りやすい山でした。
南沢山に着いた時に、遠くに御嶽山がくっきり見えました。
道なりは平坦なこともあり、ほぼ休憩無しで一気に山頂まで登りきり、
無事登頂しました!
くるっと見渡すと、僕が好きなクライミングエリアである笠置山もくっきり見えました。
一番大きく存在感たっぷりで見えていたSAMさんのお気に入りの山、恵那山。
いつか僕も登頂したい。
山頂で1時間くらい、ASCってどんな会?や会員は何をしているのかなど、会について詳しくじっくりと紹介できました。
その後ほぼノンストップで無事に15:00頃に登山口へ戻りました。
見学者の方にも、最高の天気の中、綺麗な景色を楽しんでいただけたのでよかったなぁと思いました。
クライミングも大好きですが、登山にもどんどんはまりつつので、これからどんどん登っていきたいです。
※ASCでは例会見学をされた方を対象に、見学山行のご案内をさせていただいております。
1日保険加入ありのため、安全に山行に参加でき、よりASCについて知っていただくことができます。
もし、入会をお考えの方は、お気軽に例会見学へお越しください〜。
web拍手
| 一般 | 21:17 | comments(0) | - | ASC |
2018/4/21 尾鷲トレイル

ともやんです。

 

4月21日に三重県尾鷲市の尾鷲トレイルに行ってきました。

メンバーはともやん、M野君、Iちゃん

 

このルート全長約37Km、通常の山行で2泊3日ぐらいだとか・・・

尾鷲の街を1周してゴールは海にでるルート

しかもともやんの地元。これは1回ぐらいいっとくしかない。

もちろんかもしかスタイルの山行で行ってきました。

 

かもしかスタイル

昼夜問わず歩き続ける。トレランと違い競いあったりするわけではなく

助け合いの精神で行きます。

 

残念ですが今回は八鬼山から尾鷲側へエスケープしました。

昔の道を再発掘した道?整備されていてマーキングはありましたが

急斜面の上り降り等、精神的に体力を吸い取られるルートでした。恐るべし!

 

記録

猪鼻水平道入口0:45−天狗倉山3:20−便石山4:40−汐の坂峠8:30−檜尾峠11:10−高峰山12:30−矢の川峠14:30−小坪15:00−八鬼山18:00−八鬼山登山口19:10
 

 

暗闇のなか猪鼻水平道を出発

入口でかもしかが出迎えてくれました。

 

 

天狗倉山山頂の岩を登る。まだまだ暗い

 

 

 

便石山の像の鼻にてご来光。光ってるのはヘッデンですから

 

 

高峰山(尾鷲市の最高峰)に到着

 

 

 

下山後は夢古道の湯へ

登山の後の風呂は格別!

 

大変ではあったが楽しい山行でした。

またいつか挑戦しよう

 

web拍手
| トレラン | 21:21 | comments(0) | - | ASC |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER