エーブロ >>> 名古屋ASC ブログ

名古屋ASCは四季を通してオールラウンドな山行活動をしている名古屋の山岳会です。
会の詳細、入会の問い合わせなどはホームページ(サイドバーのLINKSに掲載)をご覧ください。
2017.9.30 御在所・前尾根

YASUKAです。

 

9/30に、SUZUさん、サッキー、元会員のISAさんと、御在所・前尾根に行ってきました。

 

天気は晴れ☀風が強い一日でした。

 

久々に御在所に行きましたが、夏の台風の影響で裏道の一部が崩れていました。

日向小屋への橋も流されて、仮設の橋が架けられていました。

 

サッキーは、今回マルチピッチ初挑戦でした☆

P7からスタート。

SUZUさんからアドバイスを受けながらサッキーも登りますが…

なんとすんなり登って行きます!

すごいな〜✨

 

ビレイの動作を教えてもらっています。

ワイワイ楽しそう♪

 

一壁も大混雑です。

 

前尾根も大渋滞。ゆっくりP2まで進みます。

さて、新人サッキーさんはここでもP2を難なくクリア✨

いや〜頼もしい限りです。

 

良い天気の中気持ちよくクライミングできました!

お疲れ様でした^ ^

web拍手
| フリークライミング | 11:40 | comments(0) | - | asc |
2017.8.常念診療所

YDKです。

8月に、夏山の診療所ボランティアに行ってきましたおかお(幸せ)

 

夏山の診療所は、7月中旬〜8月中旬にかけて、色々な山で大学病院などが開所しています。

そんな中、信州大学医学部山岳部が運営している常念診療所に行ってきました。

他の診療所は、運営している病院の職員か、紹介でしか参加できなかったりするのですが、

常念診療所は公募制。ネットで申し込めるのです!

前から山の診療所ってどんなところだろう…と興味があったのと、ボランティアにはなりますが、

医師・看護師は小屋の食事が無料で頂け、布団(診療所内)で寝れる!につられ参加ちゅん

 

一ノ沢登山口から沢沿いの道を進み、胸突八丁へ。その先の斜面に、お花畑花癒されます。

 

常念乗越の常念小屋の左隣が診療所です。冬季小屋をお借りしているんだそう。

常念乗越からの眺めは最高。

早速当日一緒になったスタッフと、外でお茶会?が始まるちゅん

閉所日前日ということもあり、診療所の開設に携わった先生がいらっしゃっていて、

当時の話なども聞かせていただきました。

今回は、保健師さん、島で働くお医者さん、学生さんなど総勢11人で賑やか。

山好きということで、話も弾みます。山っていいなぁ…としみじみ思うてれネコ

 

2日間で、患者さんは、胃の不快感や、膝の打ち身など軽症の方で何より。

 

翌朝はゆっくり眺めを楽しみました。

 

最終日はお片付けをちょっぴりお手伝い。

診療所の看板もおろし、みんなで記念撮影カメラ

学生さんは一部物品を背負っての下山。さすが山岳部ビックリたくましい筋肉

 

普段は結構時間に追われる山行が多いですが、山の上でゆっくり過ごせるのはいいものです。

同じ志を持つ人にも出会える貴重な場です。

 

ちなみに、診療所は医師がいない時もあり、募集に苦労してるとのこと。

少しでも興味ある方は、常念診療所調べてみてはいかがでしょうか?

web拍手
| 一般 | 22:54 | comments(0) | - | asc |
2017/08/14 白馬岳

SUZUです。

 

お盆は白馬岳に行ってきました。

メンバーはSUZU、SAMさん、サッキー。

14〜15で行こうと思ってましたが天候不順により大雪渓の途中で引き返してきました。

久しぶりの登山!っと張り切ってましたが残念、またリベンジせねば!

 

2日目の朝食にするはずだったラーメンを白馬尻で食べて、下山後に温泉に入り、山の上で開催されるはずだった焼き肉大会は某所で行われました。

下界で食べて美味しい焼き肉、山の上で食べたら至高の味になるんでしょうな。

また焼き肉しましょう。

 

 

お疲れ様でした!

web拍手
| - | 20:40 | comments(0) | - | asc |
2017/08/06 香落渓の岩場

SUZUです。

 

香落渓の岩場のサニーサイドに行ってきました。

 

さすがに暑い。

1リットルのポカリを飲み干してしまいました。

 

岩場について何をやろうか考えているとkymさんに「SUZUくん、もいち(5.10a)やってみてよ!」と言われたので仰せの通りにトライすることに。

一度、TIくんが「もいち」するときにビレイをしているのでフラッシュトライになります。

わかっちゃいますが、やっぱりこの課題は怖いですね。

グレードは5.10aですが、第一岩壁奥壁の「蔦屋(5.10c)」より難しい。

「蔦屋」の5.10cは少々甘めに感じますが、「もいち」の5.10aは大分辛いです。

プロテクションもよくないので個人的には5.10b以上あってもいいかと思います。

核心で色々と逡巡しましたが無事にFL。

「もいち」は名張最難の5.10aでは?!(笑)

 

その後は「チビゴジラ(5.10d)」をやろうかと思いましたがもう少しコンディションがいいシーズンにトライしようと思ったのでやめときました。

 

以前から気になっていたyabuくんが最近掃除したと言う「零戦(5.11a)」を偵察。

コーナーに走るシンクラックで非常に名張らしいクラックでした。

これもシーズンが来たらトライしたいです。

 

更に何やろうかと考えた結果、「じょっぴん(5.11c)」をトライすることに。

クラックの中はシケシケでしたが無事にリピートRP。

やっぱりこの課題は素晴らしい!

 

その後、「ももないDirect(5.11c)」をTRでトライ。

ボルダームーブでプアプロテクション。

これって「R」ついてないんですね。。。

 

暑くても熱ければ登れます!

そんな一日でした。

 

お疲れ様でした。

web拍手
| フリークライミング | 20:17 | comments(0) | - | asc |
2017/08/05 笠置山

SUZUです。

 

8/5に笠置山に行ってきます。

メンバーはSUZU、TIくん、ブログ初登場の新入会員サッキーです。

写真なないです、ごめんなさい。

 

8月の笠置山、標高1000mありますがさすがに暑い。

前日が雨だったのか濡れてる岩が多かったです。

なので簡単な課題で色々と戯れておりました。

 

僕もTIくんもボルダーになると非常に大人しくなるという特徴があり、

一日まったりしておりました。

 

とは言え、TIくんはLの岩の3級(課題名忘れました)をリピートしてました。

やりよるな!

 

サッキーはこの春に大学院に入学して関東から愛知に越して来たそうです。

大学時代はワンゲルだったそうで、「毎週山に行きたいです!」とモチベーション高くてグッド!

ジムで事前に練習してきたとのことでムーブを意識して登っていました。

身長が高いのは羨ましい。

クライミングでは僕のが上ですが身長では負けてます。

 

Lの岩の上部にボルトとトラッドのMIXルートがあってTRでやられている方達がいました。

聞いてみるとグレードは5.11bだとか。

今度やってみようかな。

 

夕方には涼しくなってきたので、このシーズンでも全然無理ってことはないかもですね。

 

コンディションがイマイチでしたが、ジムに行くよりは充実した一日になったと思います。

 

お疲れ様でした。

web拍手
| フリークライミング | 20:00 | comments(0) | - | asc |
2017/7/14〜16 屋久島 淀川中俣 沢登り

JUGEMテーマ:日記・一般

こんにちは。SEIJIです。
7/14〜16で屋久島の淀川中俣に沢登りに行ってきました^^
山と高原地図に「美しい渓谷」と書かれている、それはそれは美しい渓谷です。
去年も入渓地点までは行きましたが、梅雨の増水で泣く泣く断念したので、今回は2度目の挑戦です。
7/14 8:30 鹿児島港出航。前日に梅雨明けし、快晴!良い旅になりそうです^^

船の中で朝食&ビール♫
ありがとうございます。僕は幸せです。
4時間の船旅で屋久島に着きます。何度来ても、島が見えるこの瞬間はワクワクします^^
屋久島の山々はいつ来ても雲の中。

港から紀元杉までバスを乗り継ぎ、15:30 淀川小屋着。今年もお世話になります^^
小屋で知り合った方々と三岳を呑んで、20:00就寝。

7/15 5:30。小屋の前の橋の下から入渓。水は少なく、とても静かです。

倒木がゴロゴロ。

1h程歩くと3mの滝。これは巻いて躱します。
直径3mはある巨大なポットホール(甌穴)。増水時は物凄い流れなんでしょうね。
水がなんて緑色なんでしょう。
6:50 左俣との分岐。大きな杉の木が流れを分けるように立っていました。分岐を右へ。

次の中俣の分岐は分かりにくいので、コンパスと地形図をこまめにチェックしながら歩きます。
分岐からしばらく優しい感じの風景に。陽が差してきました。

光の入り方が良い感じ。

7:40 中俣の分岐。写真は分岐からしばらく入ったところです。
分岐はちょっと分かりにくく、とりあえず入ってみて違ったら引き返そうと思って入っていったら合っていたので、
そのまま進んでしまい写真を撮りそびれました^^;

分岐を入ると、3〜4mの滝がいくつか出てきましたが、いずれも巻いて躱しました。
単独なので無理は禁物。
苔がいっぱい^^

8:20 気持ちの良いナメで小休止。静か。

だんだん水量が減り、幅も狭くなってきました。源頭が近いかな?
緑の廊下。
足が着かない深さだったので泳いで渡りました。ひんやりして気持ち良かった^^
9:10 分岐。大きな岩が流れを分けていました。コンパスと地形図から右を選択。
が、この後のヤブ漕ぎで道に迷い、なんとか分岐まで戻ってきたのは11:00・・・。
危なかったー^^;多分左が正解。

最後の分岐。最初右に行ったけれどもまたもやハズレ。
引き返して来て左を詰める。

12:00 湯泊歩道に合流。やったー道があるって最高!
12:50 高盤岳。山頂にでっかい岩があります。

花之江河を抜け、15:30淀川小屋着。
もう一度朝と同じポイントから入渓して散策。単独行の緊張感から解放され、のんびり沢歩きを楽しみました。
朝とは光の入り方が違ってまた違う美しさです^^

この沢の存在を知ったのは12年前、初めて屋久島に来た時。
来ることが出来て大満足でした。また来ます!
web拍手
| 沢登り | 00:47 | comments(0) | - | asc |
やっぱりそうなる…

連投してしまいます汗…YUKIですおかお(幸せ)

 

奥穂〜西穂に行く予定が、天気不安定で中止kyu

メンバーは減ってしまったけど、代案で日帰りの光岳に行ってきました。

 

先輩M氏『光日帰りにしようと思う、どお?』

YUKI    『南ア、普段範囲外なんですぐ調べます!』

マップを確認

(ふむふむ目、13時間強か… 何とか行けそうだな)

YUKI『行きます!』

M氏 『計画書おくったよ!』

ビックリビックリ 

16時間半強!? なぜ!?ガーン スタートはゲート!? ゲートってどこよ!汗汗

慌ててネットで調べなおす

ゲート…ゲートが出来たんですね暑い

きちっと最新情報を確認せねば、反省です

 

と言いつつも向かいます

 

4:20ゲートを出発

YUKI『12時間で戻ってきたら頑張った!ですかね〜』

M氏  『…10時間かな』

YUKI『…またまた〜』

となったものだから、頑張りすぎない程度に結構頑張る歩く

 

すぐ明るくなり、雲は多そうなもののまずまずの天気

激登りが続きます

上がるとガスも多くなってきた

 

ブォーと重厚感のある羽音が、私の周りをぐるぐる蜂蜂

虫がダメな私は困るパニック、激坂の道をあちこち逃げ回り無駄に体力消耗

YUKI『木があるからいけないんだ!急いで稜線まであがります!』

M氏 『…この山山頂まで全部木の中だよ』

YUKI『泣く嘘だ…』

ちらと見えた山は確かに全部緑…

結局蜂ではなくて、アブらしいがでかい…

叩けば良いと言うが、あの大きさの虫に触れる?どう考えてもムリである

すれ違った人からは、『今日はヒルいました?』

『ヒルいるんですか!?0口0

 

YUKI『蜂目ビックリ本気で帰りたい!蜂目ビックリビックリ本当に帰りたい!ムリだ…』

M氏  『虫での撤退は認めません!』

YUKI『泣く

 

で頑張って登った山は…

 

 

結局がっつり雨にも降らててしまった下

 

下山の目途が立って来たら

『目標は9時間だな』

!?目なんと

尾根を半分くらい下ったら、ご機嫌の良かった膝が稲妻大幅にペースを落としてしまった。

結果林道最終2kmをテコテコ低速で走る事になってしまったが、

13:20、きっかり9時間で無事に降りてきました

 

携帯のログだと

累計標高差 2790m

所要時間は半分くらい

 

しんどかったです

が、もう少し早くなったかもしれないのに、

ペースを落としてしまってホント申し訳なかったです暑い

 

お疲れ様でしたちゅん

 

虫こわい…泣く

web拍手
| 一般 | 00:08 | comments(0) | - | asc |
花満開の駒ヶ岳✿

先週末7月31日、天気が不安定だったので泊りの予定をを変更して

日帰りで木曽駒に行ってきました。

 

緑がまぶしい

 

雲はかかっているものの行けそうだ

 

浄土乗越で三ノ沢を改めて確認

『…結構遠いけど。』

 

お花の最盛期の様で

黒百合に始まり

 

 

 

 

ウスユキソウも発見

 

下山はちょっと雨にふられてしまいましたが、写真いっぱいの山行になりました。

 

駅舎の中にCafeが出来ていましたよ〜

web拍手
| 一般 | 18:00 | comments(0) | - | asc |
2017/07/22〜23 小川山、瑞牆山

SUZUです。

 

ともやんさんと7/22〜23で穂高の屏風岩に行くつもりでしたが天気が悪く小川、瑞牆に行って来ました。

 

やっぱり天気は悪くって土曜日の昼から土砂降り。翌日も曇り予報だけど雨が降って登れませんでした。

 

とりあえず、僕は「クレイジージャム」が登れたんで手ぶらで帰ることにならずに済みました。本当は「予期せぬプレゼント」をやりたかったのですがTRで登ってる人達がいたので待つことに。

 

多分、二時間くらいは別の課題を登って時間を潰してましたがそのパーティーはまだ登ってました。最終的には土砂降りになってしまったので諦めて下山。「間に入ってもらっていいですよ?」くらいの一言は欲しかった。。。

 

23日は瑞牆に移動、朝から降ったり止んだりしてましたが、とりあえず屏風岩へ。でもやっぱり雨が本降りになってきたので諦めて下山。

 

とりあえず、クレイジージャムが登れたので良かったかな。

 

お疲れ様でした。

web拍手
| フリークライミング | 20:48 | comments(0) | - | asc |
2017/07/15〜17 小川山、瑞牆山

SUZUです。

 

7/15〜17で小川山、瑞牆山に行って来ました。15〜16は小川山、17で瑞牆山です。メンバーはSUZU、無謀キャプテン a.k.a. ASCのAK-47、TIくん(16〜17のみ)です。

 

宣言通り、朝から晩まで登り倒した三日間でした。

 

SUZUのやった課題

 ・ブラック&ホワイト(5.10b)@小川山 RP 通算多分3便目

 ・ジャーマンスープレックス(5.10c)@小川山 1テン

 ・イムジン河(5.11c/d)@小川山 シケシケなんで敗退

 ・笠間のピンキー(5.10c)@小川山 1テン

 ・しぐれ(5.9/5.10a)@小川山 OS

 ・よろめきクラック(5.10a)@瑞牆山 RP 通算2便目

 ・不動沢愛好会ルート1P目(5.10a) OS

 

「予期せぬプレゼント」をOSしたと思ったら「しぐれ」だったとか言うオチがありましたが、これは面白いし迫力ある課題なんでオススメです。終了点の位置が悪くロアーダウン回収するとロープがスタックするので、フォロー回収した方がいいと思います。

 

イムジン河は出だしは職人技のようなプロテクションワークが要求され、ムーブはフェイスムーブでかなり秀逸。さすが池田功氏ですね。また秋になったら挑戦してやる!

 

よろめきクラック今回のツアーの最大の目的。僕には非常に手強く、課題名の通りよろめきましたが、終了点に立った時はとても嬉しかったです。どんどんワイドが好きになって行きます。

 

天気がどうなるか心配してましたが、3日間毎日ヘロヘロになるまで登ることが出来て良かったです。

 

お疲れ様でした。追記があればお願いします。

web拍手
| フリークライミング | 23:45 | comments(0) | - | asc |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ACCESS COUNTER